山海経翻訳まとめページ

山海経のまとめページです。下の方のリンク先に翻訳ページがありますので是非ご覧ください!また、質問等ございましたらわかる範囲で回答いたしますので些細なことでもコメント欄にお願いいたします!

山海経
山経 01南山経 02西山経 03北山経 04 05中山経 五蔵山経
海経
06海外南経 07海外西経 08海外北経 09海外東経 海外経
10海内南経 11海内西経 12海内北経 13海内東経 海内経
14大荒東経 15大荒南経 16大荒西経 17大荒北経 18海内経 大荒経

山海経は古代の中国の神話、地理、植物、動物、鉱物、物産、巫術、宗教、医薬、民族など多岐に渡った内容が網羅されており、山経と海経からなります。

《山経》は《五蔵山経》五篇で一組となし、各地の山の方角や距離から水の流れ、産出する鉱物、住んでいる動植物を記述しています。

《海経》中の《海外経》四篇は一組を成し、外国各国の奇異風貌が記載されています。《海内経》四編篇も一組で、こちらも海内の神奇の事柄が記載されています。

《海経》中の《大荒経》は五篇で一組で、黄帝や女娲、大禹に関する神話がふんだんに記載されています。

第18篇の《海内経》は山海経の地理状況の総括であり、中国境内の地理地形や山系、水系、開拓区域分布、農作物生産、井戸の発明、楽器制作、民族移動、河川の開発及び中国国土の発展の基本的な枠組みについて書かれています。

また、山海経中には全て合わせて40の国、550の山、300の水道、100以上の歴史的な人物、400以上の神怪畏獣が記載されております。しかし、中国国内のどこであるかという地域については記載がありますが、その出来事がいつ発生したや、いつ調査したかなど時間に関しては記載がありません。

山海経に記載されている事柄の大部分は南から始まります。その後は西に向かい、今度は北、最後は大陸の九州中部に到達します。九州は四方を東海、西海、南海、北海に囲まれているとしており、異民族が住んでいます。

山海経の概要に関しましては以下をご覧ください!

山海経:中国の妖怪はここから来ている!妖怪のネタ帳として有名な山海経

  • 以下が翻訳ページへのリンクです。

No,1 五蔵山経南山経

山海経を読もう!No,1 五蔵山経南山経編

No,2 五蔵山経西山経

山海経を読もう!No,2 五蔵山経西山経編

No,3 五蔵山経北山経

山海経を読もう!No,3 五蔵山経北山経編

No,4 五蔵山経東山経

山海経を読もう!No,4 五蔵山経東山経編

No,5 五蔵山経中山経編

山海経を読もう!No,5 五蔵山経中山経編

No,6 海外経海外南経

山海経を読もう!No,6 海外経海外南経編

No,7 海外経海外西経

山海経を読もう!No,7 海外経海外西経編

No,8 海外経海外北経

山海経を読もう!No,8 海外経海外北経編

No,9 海外経海外東経

山海経を読もう!No,9 海外経海外東経編

No,10 海内経海内南経

山海経を読もう!No,10 海内経海内南経編

No,11 海内経海内西経

山海経を読もう!No,11 海内経海内西経編

No,12 海内経海内北経

山海経を読もう!No,12 海内経海内北経編

No,13 海内経海内東経

山海経を読もう!No,13 海内経海内東経編

No,14 大荒経大荒東経

山海経を読もう!No,14 大荒経大荒東経編

No,15 大荒経大荒南経

山海経を読もう!No,15 大荒経大荒南経編

No,16 大荒経大荒西経

山海経を読もう!No,16 大荒経大荒西経編

No,17 大荒経大荒北経

山海経を読もう!No,17 大荒経大荒北経編

No,18 大荒経海内経編

山海経を読もう!No,18 大荒経海内経編

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク