山海経を読もう!No,5 五蔵山経中山経編

山海経翻訳シリーズNo,5 五蔵山経中山経です。

山海経の概要に関しては以下をご覧ください!

山海経:中国の妖怪はここから来ている!妖怪のネタ帳として有名な山海経

山海経のその他の翻訳に関しては以下をご覧ください!

山海経翻訳まとめページ

中山経は山海経の十八編中で最も長く内容も単調で出てくる野獣たちもそれほどインパクトがある訳でもありません。ですので、読んでいても結構退屈してしまいます。

個人的に好きな内容は山の神々を祀る祭祀の方法です。祀り方は基本的には生贄を捧げ玉璧を奉納するのですが、山の神によって微妙に異なっています。地域ごとの特色を表し、またその土地の地形からくる特殊な天候などの影響を受け土地ごとに祭祀の方法が変わっていったのかと思う一方で、そもそも中国の広範囲に渡って山の神を祀る際にこのように似通った風習があったのか疑問ですので、創作ではないかとも推測してしまいます。

  • 翻訳文
  • 中山経一経

中央の第一列山系は薄山山系がその首で、甘棗山と言った。共水はこの山より出て西に向かい黄河へと注いだ。山上には杻樹(杏の一種)が繁茂しており、山下には草があり、葵と同じ茎で杏と同じ葉であり黄色の花とさやのある果実を実らせた。名を箨と言い、人が食べると目眩に効果があると言う。山中には野獣がおり、形状は■鼠で額には花の紋があった。名を■と言い、その肉を食べると首の上のイボの治癒に効果があると言う。

さらに東へ二十里に歴児山という名の山があった。山上には橿の木が繁茂しており、さらに杤の木が繁茂していた。この木は茎幹は四角で葉は円形で、黄色の花と花弁上には絨毛があった。果実は楝(センダン)の木の果実のようで、人が服用すると記憶力が増し忘れないと言う。

さらに東へ十五里に渠猪山という山があり、山上には竹が繁茂していた。渠猪水はこの山より出て南へと流れ黄河へと注いでいた。水中には豪魚が沢山おり、形状は一般的な鮪のようであるが、紅の口と羽毛のある紅色の尾がありその肉を食べると白癬が治癒すると言う。

さらに東へ三十五里に葱聋山があり、山中には多くの深く長い峡谷があり、至る所に白垩土、黒垩土、青垩土、黄垩土があった。

さらに東へ十五里に涹山があり、山上には黄銅が豊富にあり、山の北面からは鉄が産出された。さらに東へ七十里に脱扈山があり、山中には形状は葵の葉に似ていて紅色の花が咲き、ヤシの実のような硬い皮に入った果実を実らせ、名を植楮と言い、うつ病に効果があるといい、服用すると悪夢を見なくなる。

さらに東へ二十里に金星山があり、山中には多くの天嬰がおり、その形状は龍骨に似ており、痤瘡の治療に効果があると言う。

さらに東へ十五里に橿谷山があり、山中には豊富な黄銅があった。

さらに東へ百二十里に吴林山があり、山中には蘭草が生い茂っていた。

さらに北へ三十里に牛首山があり、山中には鬼草という名の草があった。葉は葵のようであるが茎は赤く、開いた花は稲穂のように見えた。鬼草を服用するとのんびりとした気持ちになると言う。

劳水はこの山より流れ出て西へ向かい潏水へと注いでいた。水中には多くの飛魚がおり、形状は一般的な鮒に似ており、人がその肉を食べると痔や赤痢に効能があると言う。

さらに北へ四十里に霍山があり、そこにはカジノキが繁茂していた。山中には野獣がおり、その形状は一般的な野猫のようだが白い尻尾があり、首の上には鬣があった。名を朏朏と言い、人が飼うと憂いを取り除くと言う。

さらに北へ五十二里に合谷山があり、至る所に薝棘(どのような植物か不明)があった。

さらに北へ三十五里に陰山があり、多くの粗磨石があり、色彩と模様が美しい石であった。少水はこの山より流れ出ていた。山中には雕棠樹が繁茂しており、葉は楡の木の葉のようであるが四角形であり、紅豆のような実を実らせた。それを食べると聾に効果があると言う。

さらに東へ四百里に鼓鐙山があり、黄銅が豊富にあった。山中には草があり、名を栄草と言い、その葉は柳の葉と似ており根は鶏卵に似ていた。栄草を食べるとリューマチに効果があると言う。

これまでをまとめると薄山山系の首は甘棗山より始まり鼓鐙山で終わり、全部で十五山でその行程は六千六百七十里であった。歴兒山は諸山の宗主であり、宗主山の山神の祭祀には、毛物の中に豚、牛、羊の三種の生贄を用い祭祀品とし、さらに吉玉を掛け捧げる。十三の山の山神を祀る際には、毛物中には一匹の羊を用で祭品を作り、祀神玉器中の珪藻(珪藻は微生物ではなくこの場合は藻玉を表しており、鮮やかな模様のある石で作った祭祀用の玉器を指します。)を掛け捧げる。祭礼はこれらの祭品を地下に埋めて完了させ、神を祭る際には米は用いない。

  • 中山経二経

中央第二列山系について。済山山系の首は輝諸山と言い、山上には桑の木が生い茂っており、山中の野獣の大部分は山駱と麋鹿(大型の鹿)であり、禽鳥の多くは鶡鳥であった。

さらに西南へ二百里に発視山があり、山上には豊富な金属鉱物と玉石があり、山下から磨石(とぎ石)を多く産出した。即魚水はこの山より流れ出て西へ向かい伊水へ注いだ。

さらに西へ三百里に豪山があり、山上には金属鉱物と玉石が豊富にあったが草木は無かった。

さらに西へ三百里に鮮山があり、金属鉱物と玉石が豊富にあったが草木は育たなかった。鮮水はこの山より流れ出て北へ向かい伊水へ注いだ。水中には多くの鳴蛇がおり、形状は一般的な蛇であるが四本の羽があり、叫び声は大きな石を叩く音に似ていた。鳴蛇が出現した地方はどこでも大干ばつが起こったと言う。

さらに西へ三百里に陽山があり、至る所に石があり草木は無かった。陽水はこの山より流れ出て北へ向かい伊水に注いだ。水中には多くの化蛇がおり、形状は人の顔で豺(アカオオカミ)の体と禽鳥の羽があったが蛇のように地を這っていた。発する声は人が叱責している声に似ており、化蛇が出現した地方はどこでも水害が起こったと言う。

さらに西へ二百里に昆吾山があり、山上には赤銅が豊富にあった。山中には野獣がおり、形状は一般的な豚であるが角があり、発する声は人が大泣きしているときの声であった。名を蠪蚳と言った。蠪蚳の肉を食べると悪夢を見ないと言う。

さらに西へ百二十里に葌山があり、葌水はこの山より流れ出て北へ向かい伊水へと注いだ。山上からは金属鉱物と玉石が豊富に産出され、山下からは石青、雄黄が豊富に産出された。山中には木があり、形状は棠梨(ずみ)に似ており葉は紅色で名を芒草と言った。その毒で魚を殺すことができると言う。

さらに西へ百五十里に独蘇山があり、草木はなく至る所に流水があった。

さらに西へ二百里に蔓渠山があり、山上には金属鉱物と玉石が豊富にあり、山下には至る所に小竹叢があった。伊水はこの山より流れ出て東へ向かい洛水へ注いだ。山中には野獣がおり、名を馬腹と言い、人面で虎と同じ体をしており、発する声は赤子の鳴き声のようで人を食べた。

馬腹に関しては以下をご覧ください!

白澤、蜚、馬腹:中国の神獣、四象、霊獣特集

以上をまとめると、済山山系は輝諸山より始まり蔓渠山で終わり、全部で九つの山があり行程は千六百七十里であった。諸山の山神の形状は全て人面で鳥の体であった。山神の祭祀には毛物で祭品を作る必要あり、吉玉を一つを用い、これらを山谷へ向かって投げ、神を祭る際には米は用いない。

  • 中山経三経

中央第三列山系について。萯山山系の首は敖岸山と言い、山南面からは【王雩】琈玉が多く産出され、山北面からは赭石や黄金が多く産出された。天神である燻池はここに住んでいた。この山からは常に美玉が生まれ出ていた。山上から北を向くと奔騰な黄河と青々とした叢林を望め、その形状は茜草とニレの木のようであった。山中には野獣がおり、形状は一般的な白鹿で四本の角があり、名を夫諸と言い、出現した地方はどこでも水害が発生したと言う。

さらに東へ十里に青要山があり、天帝の密都であった。青要山の山頂から北を向けば黄河の湾曲部分が見え、ここには野鵝(ガチョウ)が多くいた。青要山から南を向くと墠渚が望め、大禹の父親である鯀が黄熊に変わってしまったしまった場所であった。ここには多くの蝸牛と蒲盧がいた。山神である武羅がこの地方を掌握しており。この山の山神の形状は人面であるが全身には豹と同じ模様があり、腰は細く歯は白かった。そして耳には金銀環を掛けており、発する声は赤玉がぶつかる音のようであった。この青要山には女性が住むのに似つかわしい。畛水はこの山より流れ出て北へ向かい黄河へと注いだ。山中には禽鳥がおり、名を鴢と言い、形状は野鴨に似ており、青色の体に紅色の眼と深紅の尾を持っていた。その肉を食べると子宝に恵まれると言う。山中には草があり、形状は蘭に似ているが茎は四角く黄色の花が咲き紅色の果実を実らせて根の部分は藁本(こうほん)の根に似ており、名を荀草と言った。荀草を服用すると皮膚が白く美しくなると言う。

さらに東へ十里に騩山があり、山上からは甘く美味しい棗が多く採れ、山北陰面からは【王雩】琈玉が多く産出された。正回水はこの山より流れ出て北へ向かい黄河へと注いだ。水中には多くの飛魚がおり、形状は子豚であるが全身に紅色の模様があり、飛魚を食べると雷を怖がらなくなると言い、さらに兵器を避けると言う。

さらに東へ四十里に宜蘇山があり、山上からは金属鉱物と玉石が豊富に産出され、山下は蔓荊が繁茂していた。滽滽水はこの山より流れ出て北へ向かい黄河へと注いだ。水中には多くの黄色の貝がいた。

さらに東へ二十里に和山があり、山上には草木は育たずに至る所に瑶や碧の一種の美玉があった。この場所は黄河中の九条の水源が集まる地方であった。この山は螺旋形に五層あり、九条の水はこの山より流れ出て合流し北へ向かって黄河へと注いだ。水中には多くの蒼玉があった。吉神である泰逢がこの山を治め、その形状は人であるが虎と同じ尻尾があり、萯山で南向きに住むことを好んだ。出入りするときには閃光を放ったと言う。泰逢は風雲を起こすことができた。

ここまでをまとめると、萯山山系は自敖岸山から始まり和山で終わり、合計五つの山があり全行程は四百四十里であった。

諸山の山神の祭祀は、泰逢、熏池、武羅の三柱の神は皆一頭の羊を開き、玉器には吉玉を用いて祀る。その他の二柱の神は鶏を一羽捧げた後で地下に埋める。祀神の米には稲米を用いた。

  • 中山経四経

中央第四列山系、釐山山系の首は鹿蹄山と言い、山上からは玉を多く産出し、山下からは金を多く産出した。甘水はこの山より流れ出て北へ向かい洛水へと注いだ。水中には多くの汵石があった。

ここより西へ五十里に扶猪山があり、山上の至る所には礝石があった。山中には野獣がおり、形状は貉(ムジナ、アナグマ)のようであったが人の眼があり名を【上鹿下言】と言った。虢水はこの山より流れ出て北へ向かい洛水に流れ込んだ。水中には多くの礝石があった。

さらに西へ百二十里に厘山があり、山南面には多くの玉石があり、山北面には茜草が密集していた。山中には野獣がおり、形状は一般的な牛であるが全身は青黒く発する声は赤子の泣き声のようであり、人を食べた。名を犀渠と言った。滽滽水はこの山より流れ出て南へ向かい伊水へと注いだ。ここのはさらに野獣がおり、名を【犭颉】と言い、形状は獳犬のようであるが、全身には鱗があり鱗の間から生えている毛は豚の鬣と同じであった。

さらに西へ二百里に箕尾山があり、カジノキが生い茂っており、涂石を豊富に産出した。山上には多くの【王雩】琈玉があった。

さらに西へ二百五十里に柄山があり、山上からは玉が豊富に産出され。山下からは銅が豊富に産出された。滔雕水はこの山より流れ出て北へ向かい、洛水に注いだ。山中には羬羊が多くいた。山中にはさらに樹木があり、形状は臭椿に似ていたが葉は梧桐の葉に似ており、さやのある実を実らせた。名を茇と言い、その毒で魚を殺すことができたと言う。

さらに西へ二百里に白辺山があり、山上には金属鉱物と玉石が豊富にあり、山下からは石青、雄黄が豊富に産出された。

さらに西へ二百里に熊耳山があり、山上には漆が生い茂っており、山下にはヤシの木が生い茂っていた。浮濠水はこの山より流れ出て西へ向かい洛水へと注いだ。水中には多くの水晶があり、さらに多くの人魚がいた。山中には草があり、形状は蘇草に似ており、紅色の花を咲かせた。名を葶苧と言いその毒で魚を殺せたと言う。

さらに西へ三百里に牡山があり、山上には至る所に鮮やかな色彩模様の美しい石があった。山下の至る所には竹箭、竹【上⺮下媚】の類の竹叢があった。山中の野獣は【牜乍】牛、羬羊が多く、禽鳥は赤鷩が最も多かった。

さらに西へ三百五十里に讙挙山があり、雒水はこの山より流れ出て東北へ向かい玄扈水に注いだ。玄扈山中には多くの奇怪な野獣がいた。讙挙山と玄扈山の間には洛水が流れていた。

ここまでをまとめると、厘山山系は鹿蹄山から始まり玄扈山で終わり、合計九つの山で全行程は千六百七十里であった。諸山の山神の形状は人面で獣の体であった。山神の祭祀は、毛物中に白い鶏を一羽用い捧げ、祀神には米は用いずに、色とりどりの絹で鶏を巻いて山神にささげる。

  • 中山経五経

中央第五列山系の薄山山系の首は苟林山で、草木は生えず至る所に奇怪な形状の石があった。

ここより東へ三百里に首山があり山北面にはカジノキやイスノキが繁茂しており、ここにある草は■草や芫華が多かった。山南面からは【王雩】琈玉が多く産出され、ここの木は槐(エンジュ)が多かった。この山の北面には峡谷があり、机谷と言った。峡谷には■鳥が多くおり、形状は猫頭鷹に似ているが三つ目でさらに耳もあった。発する声は鹿の泣き声に似ており、その肉を食べると湿気病に効果があると言う。

さらに東へ三百里に県■山があり、草木はなく至る所に鮮やかな色彩模様の美しい石があった。

さらに東へ三百里に葱聋山があり、草木はなく至る所に■石があった。

さらに東北へ五百里に条谷山があり、ここの樹木は槐と桐が多く、草の大半は芍薬(シャクヤク)と門冬草であった。

さらに北へ十里に超山があり、山北面の至る所に蒼玉があり、山南面には泉が一か所あったが冬には水はあるが夏になると涸れてしまった。

さらに東へ五百里に成侯山があり、山上には櫄樹が繁茂しており、ここの草は秦艽が多かった。

さらに東へ五百里に朝歌山があり、山谷には良質な堊土があった。

さらに東へ五百里に槐山があり、山谷には豊富な金と錫があった。

さらに東へ十里に歴山があり、ここの木の大部分は槐樹であった。槐水はこの山より流れ出て南へ向かい洛水へと注いだ。水中には多くの良質な玉石があった。

さらに東へ十里に良余山があり、山上には构(カジノキ)と柞(イスノキ)が繁茂していた。余水はこの山の北麓より流れ出て北へ向かい黄河へと注いだ。乳水もこの山の南麓より流れ出て東へ向かい洛水へと注いだ。

さらに東南へ十里に蠱尾山があり、粗磨石、黄銅を多く産出した。龍余水はこの山より流れ出て東南へ向かい洛水へと注いだ。

さらに東北へ二十里に昇山があり、ここの樹木は构、柞、酸棗が多かった。草は山薬、恵草が多く、さらに寇脱草が生い茂っていた。黄酸水はこの山より流れ出て北へ向かい黄河へと注いだ。水中には多くの璇玉があった。

さらに東へ二十里に陽虚山があり、金を産出した。陽虚山は玄扈水の近くにあった。

ここまでをまとめると、薄山山系は苟林山より始まり陽虚山で終わり。合計十六の山があり、全行程は二千九百八十二里であった。

昇山は諸山の宗主で、昇山の山神の典礼は、毛物中に豚、牛、羊の三種の生贄で祭品を作り、祭祀用の玉器は吉玉を用いた。

首山は神霊顕応の大山であろ、首山の山神を祀る際には稲米を用い、黒い毛の豚、牛、羊、美酒を揃え、手に盾を持って舞を舞い、並べた鼓を打ち鳴らして音頭をとる。神を祭る玉器は玉璧を用いる。屍水は天に通じ、良く肥えた家畜を生贄にして祭品を作り奉る。一匹の黒犬で祭品を作り上面に供え、一羽の母鶏で祭品を作り下面に供え、一頭の母羊を殺してその血を献上する。祀神の玉器には吉玉を用いるとともに、彩色の面で祭品を包み神に供する。

  • 中山経六経

中央第六列山系の縞羝山の首は平逢山と言い、平逢山の上から南を向けば伊水と洛水が望め、東を向けば谷城山が望めた。この山には草木は育たずに水もなく、至る所に砂と石があった。山中には山神がおり、形状は人であるが二つの頭が有り、驕虫(ぎょうちゅう)と言い螫虫(蜂などの刺す虫)の首領であった。また、この地は各種の蜜蜂が集まり巣を作る場所であった。

驕虫に関しては以下をご覧ください!

驕虫:人の見た目だけどどうやって刺すのか謎が残る蜂たちの神様

これらの山神の祭祀には一羽の鶏を用いて祭品を作り、祈祷の後に逃がし殺さない。

西に十里行くと縞羝山があり、草木はないが、金属鉱物と玉石が豊富にあった。

さらに西へ十里に廆山があり、山上からは■浮玉を豊富に産出した。この山の陰面には峡谷があり、雚谷と言った。ここの樹木の大部分は柳、カジノキであった。山中には禽鳥がおり。形状は普通の野鶏であるが、一条の長い尾があり身上には火のような紅が通っており青色の嘴があった。名を鴒■と言い、発する鳴き声がその名になった。人がその肉を食べると悪夢を見ないと言う。交觴水はこの山の南麓より流れ出て南へ向かい洛水へと注いだ。俞随水はこの山の北麓より流れ出て北へ向かい谷水へと注いだ。

さらに西へ三十里に瞻諸山があり、山南面からは金属鉱物を豊富に産出し、山北面からは花紋のある美しい石を多く産出した。■水はこの山より流れ出て東南へ向かい洛水へと注いだ。少水はこの山の北麓より流れ出て東へ向かい谷水へと注いだ。

さらに西へ三十里に娄涿山があり、草木はなく豊富な金属鉱物と玉石があった。瞻水はこの山の南麓より流れ出て東へ向かい洛水へと注いだ。陂水はこの山の北麓より流れ出て北へ向かい谷水へと注いだ。水中には多くの紫色の石、花紋のある美しい石があった。

さらに西へ四十里に白石山があった。恵水は白石山の南麓より流れ出て南へ向かい洛水へと注いだ。水中には多くの水晶石があった。澗水は白石山の北麓より流れ出て西へ向かい谷水へと注いだ。水中には多くの画眉石、黒丹沙(辰砂とも。硫化水銀の事で朱の原料)があった。

さらに西へ五十里に谷山があり、山上にはカジノキが生い茂っており、山下には桑の木が生い茂っていた。爽水はこの山より流れ出て西北へ向かい谷水へと注いだ。水中には多くの孔雀石があった。

さらに西へ七十二里に密山があり、山南面からは玉を多く産出し、山北面からは鉄を多く産出した。豪水はこの山より流れ出て南へ向かい洛水へと注いだ。水中には多くの旋亀がおり、形状は鳥と同じ頭に鼈と同じ尾をしていた。発する声は木を裂くような音であった。この山では草木は育たなかった。

旋亀に関しては以下をご覧ください!

玄亀(旋亀):山海経に出てくる妖怪怪物は実在する種もあった

さらに西へ百里に長石山があり草木は無かった。金属鉱物と玉石が豊富にあった。この山の西面には峡谷があり共谷と言い、竹が多く育った。共水はこの山より流れ出て西南へ向かい洛水へと注いだ。水中には多くの鳴石があった。

さらに西へ百四十里に傅山があり、草木はなく至る所に瑶、碧などの美玉の一種があった。厭染水はこの山の南麓より流れ出て南へ向かい洛水へと注いだ。水中には人魚が多くいた。この山の西面には樹林があり、墦塚と言った。谷水はここより流れ出て東南へ向かい洛水へと注いだ。水中には多くの珚玉があった。

さらに西へ五十里に橐山があり、山中の樹木の大部分は臭椿であり、さらに多くの■樹もあった。山南面には豊富な金属鉱物と玉石があった。山北面には豊富な鉄がありさらに蕭草があった。橐水はこの山より流れ出て北へ向かい黄河へと注いだ。水中には多くの脩辟魚がおり、形状は一般的な蛙であるが白い口があり、発する声はハイタカの鳴き声のようであった。人が食べると白癬病が治ると言う。

さらに西へ九十里に常烝山があり、草木はなく様々な色の垩土(石灰)があった。潐水はこの山より流れ出て東北へ向かい黄河へと注いだ。水中には多くの蒼玉があった。菑水はこの山より流れ出て北へ向かい黄河へと注いだ。

さらに西へ九十里に誇父山があり、山中の樹木は棕と楠が最も多く、さらに小竹叢が生い茂っていた。山中の野獣派■牛、羬羊が最も多く、禽鳥は赤鷩が最も多かった。山南面からは玉を多く産出し、山北面からは鉄を多く産出した。この山の北面には樹林があり、桃林と言い周囲三百里ほどの広さであった。林の中には馬が多くいた。湖水はこの山より流れ出て北へ向かい黄河へと注いだ。水中からは珚玉を多く産出した。

さらに西へ九十里に陽華山があり、山南面には金属鉱物と玉石が豊富にあり、山北面からは青石、雄黄を多く産出した。山中の草は山薬が最も多く、さらに苦辛草が繁茂しており形状は楸木のようで瓜のような実を結んだ。味は酸味の中に甘みを帯びていて人が食するとがマラリアが治ると言う。柳水はこの山より流れ出て西南へ向かい洛水へと注いだ。水中には人魚が多くいた。門水もこの山より流れ出て東北へ向かい黄河へと注いだ。水中には黒色の磨石が多くあった。■姑水は陽華山の北麓より流れ出て東へ向かい門水へと注いだ。■姑水の両岸の山間には豊富な銅があった。門水から黄河へと至り、流路七百九十里行った後に■水へ注いだ。

縞羝山山系をまとめると、平逢山から始まり陽華山で終わる。全部で十四の山があり全行程は七百九十里であった。この山系中に大山岳があり毎年六月に大山を祀り、その山岳の祭祀の方法は即ち天下の安寧である。

  • 中山経七経

中央第七列山系苦山山系の首は休与山と言う。山上には一種の石があり、神仙帝台の棋で、その石は五種の色と模様があり形状は鵪鶉(ウズラ)の卵に似ていた。神仙帝台の石は百神を祷祀するのに用いられた。人が身に着けると邪毒の気を受け付けなくなると言う。休与山にはさらに草があり、形状は一般的な嘗草であるが紅色の葉と根茎は連結し共に生い茂っていた。名を夙条と言い矢に用いられた。

さらに東へ三百里に鼓鐘山があり、神仙帝台はまさに鐘鼓の楽が演奏されており諸位の天神が宴会をしている。山中には草があり四角の茎の上に黄色の花を咲かせ、円形の葉は三層に重なっていた。名を焉酸と言い、解毒に用いられる。山上からは粗磨石を多く産出し、山下からは細磨石を多く産出した。

さらに東へ二百里に姑媱山があり、天帝の娘はこの山で死んだ。娘の名は女屍と言い死後に■草に変わった。葉は全て一層一層で花は黄色でありその果実とハマネナシカズラの果実は似ており女人が服用すると美しくそして可愛らしいと感じさせるようになる。

さらに東へ二十里に苦山がある。山中には野獣がおり名を山膏と言い、形状は普通の子豚であるが体には丹火のような紅であり人を罵ることが好きであった。山上には樹木があり、名を黄棘と言い黄色の花に丸い葉があった。その果実と蘭の果実は似ており、女人が服用すると子供を産めなくなると言う。山中には草があり丸い葉で茎はなく紅色の花を咲かせるが実は実らせなかった。名を無条と言い服用すると首に瘤が出来ないと言う。

さらに東へ二十七里に堵山があり、神人天愚が住んでいたためこの山には常に恐ろしいほどの風と雨があった。山上には樹木があり名を天匾と言い、資格の茎に葵の形状をしており服用すると食事中に食べ物をのどに詰まらせないと言う。

さらに東へ五十二里に放皋山があった。明水はこの山より流れ出て南へ向かい伊水へと注いだ。水中には蒼玉が多くあった。山中には樹木があり葉は槐の葉に似ており、黄色の花を咲かせたが実は結ばなかった。名を蒙木と言い服用すると思考が不明瞭にならなくなると言う。山中には野獣がおり形状は蜜蜂のようで分岐した尾とひっくり返った舌を持ち叫ぶことを好み名を文文と言った。

さらに東へ五十里に大■山があり【王雩】琈玉を多く産出し、さらに多くの麋玉があった。山中には草がありその葉は楡の葉に似ており四角の茎には棘がびっしりとあった。名を牛傷と言い根茎には青い斑紋があり服用すると昏倒病にならないと言い、さらに兵器を避けると言う。狂水はこの山の南麓より流れ出て西南へ向かい伊水に注ぎ水中には三本足の亀がおりその肉を食べると大病を患わないと言いさらに痛腫が消えると言う。

さらに東へ七十里に半石山があった。山上には草があり一度土から出ると実を結び、高さは一丈以上あり紅色の葉、紅色の花が咲くが花が咲いた後には実は結ばなかった。名を嘉栄と言い、服用すると人が雷鳴を畏れなくなると言う。来需水は半石山の南麓より流れ出て西へ向かい伊水へ注いだ。水中には多くの■魚がおり、全身は黒い斑紋で満たされており、形状は普通の鮒で人が食べると居眠りをしないと言う。合水はこの半石山の北麓より流れ出て北へ向かい洛水へと注いだ。水中には多くの魚がおり形状は一般的な鱖魚(ケツギョ)に似ており水底の洞穴に隠れている。全身には青色の斑紋と一条の紅色の尾があり、人がラベルと痛腫病に罹らないと言いさらに痔瘻の治療にも効果があると言う。

さらに東へ五十里に少室山があり各種の草木が円のように集う谷であった。山上には樹木があり名を帝休と言い葉の形状と柳の葉は似ており、枝は相互に交差して四方に伸びていた。黄色の花を咲かせ黒色の果実を実らせ、服用すると人心を穏やかにして怒らなくなると言う。少室山の上には玉石が豊富にあり、山下には鉄は豊富にあった。休水はこの山より流れ出て北へ向かい洛水に注いだ。水中には多くの■魚がおり、形状はアカゲザルで長い鶏と同じ爪を持ち、白い足趾は相対していた。人が食べると疑心病にならず、兵器と避けると言う。

さらに東へ三十里に泰室山があった。山上には樹木があり葉の形状は梨の木のようであるが紅色の模様があり、名を栯木と言い人が服用すると嫉妬心が無くなると言う。山中には草があり形状は蒼術或いは白術のようであるが白色の花を咲かせ黒色の実を結んだ。果実の光沢は葡萄のようで名を■草と言い、服用すると目が明瞭になりかすまないと言う。山上にはさらに多くの美しい石があった。

さらに北へ三十里に講山があり、山上からは玉石を多く産出し柘が多くあり、柏も多かった。山中には樹木があり名を帝屋と言い、葉の形状は花椒の葉に似ており棘があり紅色の果実を実らせ凶邪の気を避けると言う。

さらに北へ三十里に嬰梁山があり、山上からは蒼玉を多く産出し、その蒼玉は皆黒い石の上面に付着していた。

さらに東へ三十里に浮劇山があった。山中には樹木があり葉の形状は臭椿のようであり紅色の果実を実らせ、名を亢木と言い、人が食べると虫を駆除し邪を避けると言う。汜水はこの山より流れ出て北へ向かい黄河へと注いだ。浮劇山の東面には峡谷があり、峡谷には多くの蛇がいたため蛇谷と呼ばれた。峡谷の上面にはさらに多くの細辛(漢方薬の一つのサイシン)があった。

さらに東へ四十里に少陘山があった。山中には草があり名を■草と言い、その葉の形状と葵の葉は似ており紅色の茎と白色の花があり、果実は野葡萄によく似ていた。服用すると知恵が増し愚かな行いをしなくなると言う。器難水はこの山より流れ出て北へ向かい役水へと注いだ。

さらに東南へ十里に太山があった。山中には草があり名を梨と言い、葉の形状は蒿草(ヨモギ)の葉に似ており紅色の花を咲かせた。腫物の治療に使用できる。太水はこの山の南麓より流れ出て東南へ向かい役水へと注いだ。承水はこの山の北麓より流れ出て東北へ向かい役水へと注いだ。

皿兄東へ二十里に末山があり、山上の至る所に黄金があった。末水はこの山より流れ出て北へ向かい役水へ注いだ。

さらに東へ二十五里に役山があり山上には白銀が豊富にあり、さらに鉄も豊富にあった。役水はこの山より流れ出て北へ向かい黄河へと注いだ。

さらに東へ三十五里に敏山があった。山上には樹木があり形状は牡荊(ニンジンボク)と似ており白色の花びらに紅色の果実を実らせた。名を■柏と言い、その果実を食べると寒さを恐れなくなると言う。敏山の南面からはさらに【王雩】琈玉を多く産出した。

さらに東へ三十里に大騩山があり、山北面には鉄、良質な玉石、青色の垩土(石灰)が豊富にあった。山中には草があり形状は嘗草のようであるが絨毛があり、青色の花を咲かせ白色の果実を結んだ。名を■と言い、人が食べると若くして死ななくなり寿命が延びると言、さらに胃腸に関する各種疾患の治療に効果があると言う。

ここまでをまとめると、苦山山系は自休与山から始まり大騩山で終わり、全部で十九の山があり全行程は千百八十四里であった。その中の十六の山には山神がおり、形状は豚の体に人面であった。これらの山神の祭祀には毛物中に一匹の純色の羊を用いて献じる。祀神の玉器には藻玉を用い祭祀に後に地下へ埋める。苦山、少室山、太室山の残りの三つの山は全て諸山の宗主であった。これら三座の山の山神の祭祀には毛物中に豚、牛、羊を用いて祭品を作る。祀神の玉器中には吉玉を用いる。この三座の山神の容貌はすべて人面であるが頭が三つあった。

  • 中山経八経

中央第八列山系荊山山系の首は景山と言い、山上には金属鉱物と玉石が豊富にあった。ここの樹木は柞と檀が最も多かった。雎水はこの山より流れ出て東南へ進み江水へと注いだ。水中には粟粒大の丹沙(辰砂とも。硫化水銀の事で朱の原料)が多くあり、さらに色彩模様のある魚が多く住んでいた。

さらに東北へ百里に荊山があり、山北面には鉄が豊富にあり山南面には黄金が豊富にあった。山中には犛牛が多く住んでおりさらに豹と虎も多くいた。ここの樹木は松と柏が最も多く、ここの草は叢になっている小竹が最も多く、さらに橘と柚も多くあった。漳水はこの山より流れ出て東南へ進み雎水へと注いだ。水中からは黄金を多く産出し並びに鯊魚が多く住んでいた。山中の野獣は山驢と麋鹿が最も多かった。

さらに東北へ百五十里に驕山があり、山上には玉石が豊富にあり、山下には青雘(せいわく:青色の鉱物顔料で藍銅鉱などと推測されます。)が豊富にあった。ここの樹木は松と柏が多く、至る所に桃枝と鈎端の一種で叢生している小竹があった。神仙■圍はこの山に住んでおり、形状は人であり羊と同じ角、虎と同じ爪があり、よく雎水と漳水の深淵の中で遊覧していた。出入りするときにはいつも閃光を放っていた。

さらに東北へ百二十里に女几山があり、山上からは玉石を多く産出し、山下からは黄金を多く産出した。山中の野獣は豹と虎が最も多く、さらに山驢、麋鹿、麖、麂もそれなりの数がいた。ここの禽鳥は白■が最も多く、さらに多くの長い尾を持つ野鶏、鴆鳥がいた。

鴆鳥に関しては以下をご覧ください!

鴆:毒酒として悪名高く数々の人物を闇に葬ってきた毒鳥

さらに東北へ二百里に宜諸山があり、山上からは金属鉱物と玉石を多く産出し、山下からは青雘を多く産出した。洈水はこの山より流れ出て南へ向かい漳水へ注いだ。水中には多くの白色の玉石があった。

さらに東北へ二百里に綸山があり、山中に生い茂っている叢林には梓、楠が多かった。また、多くの叢生している桃枝竹があり、さらに柤、栗、橘、柚があった。ここの野獣は山驢、麈、羚羊、■が最も多かった。

さらに東へ二百里に陸■山があり、山上からは【王雩】琈玉を多く産出し、山下からは各種の色の垩土を産出した。ここの樹木は杻(杏の一種)とカシが多かった。

さらに東へ百三十里に光山があり、山上の至る所に碧玉があり、山下の至る所に流水があった。神仙計蒙がこの山に住んでおり、形状は人の体であるが龍の頭であり、よく漳水の深淵の中で遊覧していた。出入りするときは必ず旋風があり急な雨を伴ったと言う。

さらに東へ百五十里に岐山があり、山南面からは黄金を多く産出し、山北面からは白色の珉石を多く産出した。山上には豊富な金属鉱物と玉石があり、山下には豊富な青雘があった。ここの樹木は臭椿が多かった。神仙渉■はここの山中に住んでおり、容貌は人の体で四角い顔と三本足であった。

さらに東へ百三十里に銅山があり、山上には金、銀、鉄が豊富にあり、ここの樹木はカジノキ、柞、柤、栗、橘、柚が最も多かった。そして野獣は豹の模様を持つ犳が多くいた。

さらに東北へ百里に美山があり、山中の野獣は兕、野牛が最も多く、また山驢、麈も多くいた。さらに野豚、鹿もそれなりにいた。山上からは金を多く産出し、山下からは青雘を多く産出した。

さらに東北へ百里に大堯山があり、山中の樹木は松と柏が多く、梓と桑も多くあった。さらに機木樹もそれなりの数があった。ここの草は叢生の小竹が多く、野獣は豹、虎、羚羊、■が最も多かった。

さらに東北へ三百里に霊山があり、山上には金属鉱物と玉石が豊富にあり、山下からは青雘を多く産出した。ここの樹木のっ大部分は桃、李、梅、杏であった。

さらに東北へ七十里に龍山があり、山上の至る所は寄生樹でさらに碧玉を多く産出し、山下には紅色の錫土が豊富にあった。そして大部分の草は桃枝、鈎端の類の小竹叢であった。

さらに東南へ五十里に衡山があり、山上には多くの寄生樹、カジノキ、柞があり、さらに黄色の垩土、白色の垩土を多く産出した。

さらに東南へ七十里に石山があり、山上からは金を多く産出し、山下には豊富な青雘があり、さらに寄生樹も多くあった。

さらに南へ百二十里に若山があり山上からは【王雩】琈玉を多く産出し、赭石も多く産出し、また封石が多くあった。至る所には寄生樹があり、さらに多くの柘が生えていた。

さらに東南へ百二十里に彘山があり、綺麗な石が多くあり至る所に石が生えていた。

さらに東南へ百五十里に玉山があり山上には金属鉱物と玉石が豊富にあり、山下には碧玉、鉄がっ豊富にあった。ここの樹木は柏が多かった。

さらに東南へ七十里に讙山があり、ここの樹木の大部分は檀であり、さらに封石を多く産出した。また、白色の錫土を多く産出した。郁水はこの山の山頂より流れ出て地下へ潜り山下へと到った。水中には磨石が多くあった。

さらに東北へ百五十里に仁挙山があり、ここの樹木はカジノキと柞が多く、山南面には黄金が豊富にあり、山北面からは赭石を多く産出した。

さらに東へ五十里に師毎山があり、山南面からは磨石を多く産出し、山北面からは青雘を多く産出した。山中の樹木は柏が多く、また檀も多かった。さらに大量の柘が生えていた。草の大部分は叢生している小竹であった。

さらに東南へ二百里に琴鼓山があり、ここの樹木の大部分はカジノキ、柞、椒、柘であった。山上からは白色の珉石を多く産出し、山下からは洗石を多く産出した。ここの野獣は野豚、鹿が最も多く、さらに白色の犀牛がいた。禽鳥の大部分は鴆鳥であった。

鴆鳥に関しては以下をご覧ください!

鴆:毒酒として悪名高く数々の人物を闇に葬ってきた毒鳥

ここまでをまとめると、荊山山系は自景山より始まり琴鼓山で終わり、合計二十三の山がある。全行程は二千八百九十里であった。諸山の山神の容貌は皆鳥の体に人面であった。山神の祭祀は、毛物中に一羽の公鶏を用いて祀った後に地下に埋め、並びに藻圭を用いて献じる。祀神の米には稲米を用いる。驕山は諸山の宗主である。驕山の山神の祭祀は、美酒と豚、羊を献じ祭った後に地下に埋め、祀神の玉器中には玉璧を用いる。

  • 中山経九経

中央第九列山系岷山山系の首は女幾山と言い、山上からは石涅(中医薬の黒石脂)を多く産出し、ここの樹木は杻(杏の一種)、橿が多かった。また草は野菊、蒼術或いは白術が多かった。洛水はこの山より流れ出て東へ向かい大海へと注いだ。水中には流量な亀が多く住んでおり、さらに鼉(揚子江鰐)も多くいた。山上には金属鉱物と玉石が豊富にあり、山下からは白色の珉石を多く産出した。山中の樹木は梅と海棠(カイドウ)が最も多かった。また、野獣は犀牛と大象が最も多くさらに大量の夔牛がいた。ここの禽鳥の大多数は白翰鳥と赤鷩鳥であった。

夔牛に関しては以下をご覧ください!

夔:伝説によるとこの世のどこかにあと一匹存在する一本足の牛

さらに東北へ百四十里に崃山があった。江水はこの山より流れて東へ向かい長江へ注いだ。山南面からは黄金を多く産出し、山北面の至る所に麋鹿と麈がいた。ここの樹木の大多数は檀と柘であり、草の大多数は野薤菜(らっきょう)と野韮菜(ニラ)で、さらに多くの白芷(ビャクシ)と寇脱があった。

さらに東へ百五十里に崌山があり、江水はこの山より流れ出て東へ向かい長江へと注いだ。水中には多くの怪蛇がおり、さらに多くの■魚がいた。ここの樹木は楢と杻(杏の一種)が多く、さらに多くの梅と梓があった。野獣は夔牛、羚羊、■、犀牛、兕が最も多かった。山中には禽鳥がおり形状は一般的な猫頭鷹(フクロウ)であるが紅色の体に白色の頭をしており、名を窃脂と言い、人が飼うと火を避けると言う。

兕に関しては以下をご覧ください!

青牛(兕):老子が乗っていたと言われている伝説の大青牛

さらに東へ三百里に高粱山があり、山上からは垩土を多く産出し、山下からは磨石を多く産出した。ここの草の大多数は桃枝竹と鈎端竹であった。山中には草があり、形状は葵菜のようであるが紅色の花びらにさやのある果実を実らせ、白色のがくを持っていた。その草を馬に食べさせると走るのが速くなると言う。さらに東へ四百里に蛇山があり、山上からは黄金を多く産出し、山下からは垩土を多く産出した。ここの樹木は栒が最も多く、さらに多くの豫章樹があり、草は嘉栄、細辛が最も多かった。山中には野獣がおり形状は一般的な狐狸であるが白い尾と長い耳があり名を■狼と言い、出現した国家はどこでも戦争が起こったと言う。

さらに東へ五百里に鬲山があり、山南面からは黄金を多く産出し、山北面からは白色の珉石を多く産出した。蒲鸛水はこの山より流れ出て東へ向かい長江へと注いだ。水中には白色の玉石が多くあった。山中の野獣は犀牛、大象、熊、羆が最も多く、さらに多くの猿猴、長尾猿がいた。

さらに東北へ三百里に隅陽山があり、山上には金属鉱物と玉石が豊富にあり、山下には豊富な青雘があった。ここの樹木の大部分は梓と桑で、草の大多数は紫草であった。徐水はこの山より流れ出て東へ向かい長江へ注いだ。水中には粟粒大の丹沙(辰砂とも。硫化水銀の事で朱の原料)が多くあった。

さらに東へ二百五十里に岐山があり、山上には白銀が豊富にあり、山下には鉄が豊富にあった。ここの樹木は梅と梓が多く、さらに杻(杏の一種)と楢(ナラ)も多くあった。减水はこの山より流れ出て東南へ向かい長江へ注いだ。

さらに東へ三百里に勾■山があり、山上からは玉石を多く産出し、山下からは黄金を多く産出した。ここの樹木の大多数はクヌギと柘であり、草の大部分は芍薬であった。

さらに東へ百五十里に風雨山があり、山上から白銀を多く産出し、山下からは石涅(中医薬の黒石脂)を多く産出した。ここの樹木は棷と椫が多く、楊も少なからずあった。宣余水はこの山より流れ出て東へ向かい長江へ注いだ。水中には多くの水蛇がいた。山中の野獣は山驢と麋鹿が最も多く、麈、豹、虎も多くいた。禽鳥の大多数は白■であった。

さらに東へ二百里に玉山があり、山南面からは銅を多く産出し、山北面からは黄金を多く産出した。ここの樹木は豫章、楢(ナラ)、杻(杏の一種)が最も多く、野獣は野豚、鹿、羚羊、■が最も多く、禽鳥の大多数は鴆鳥であった。

鴆鳥に関しては以下をご覧ください!

鴆:毒酒として悪名高く数々の人物を闇に葬ってきた毒鳥

さらに東へ百五十里に熊山があった。山中には洞穴があり、熊の巣穴で時折神人が出入りした。洞穴は夏には開き冬には閉じた。一方で、この洞穴が冬場に開いた場合には、必ず戦争が発生した。山上からは白色の玉石を多く産出し、山下からは白銀を多く産出した。山中の樹木は臭椿と柳が多く、草は寇脱草が最も多く見えた。

さらに東へ百四十里に騩山があり、山南面からは美玉黄金が多く産出され、山北面からは鉄を多く産出した。ここの草木は桃枝竹、牡荊(ニンジンボク)、苟杞(クコ)の木が最も多かった。

さらに東へ二百里に葛山があり、山上からは黄金を豊富に産出し、山下からは瑊石を多く産出した。ここの樹木は柤、栗、橘子、柚子、楢(ナラ)、杻(杏の一種)が多く、野獣は羚羊と■が多く、草の大部分は嘉栄であった。

さらに東へ百七十里に賈超山があり、山南面からは黄色の垩土を多く産出し、山北面からは精美な赭石を多く産出した。ここの樹木の大多数は柤、栗子、橘子、柚子であり、山中の草は龍須草が最も多かった。

ここまでをまとめると、岷山山系は女幾山から始まり賈超山で終わり、合計十六の山があり全行程は三千五百里であった。諸山山神の容貌は馬の体に龍の頭であった。山神の祭祀は毛物中に公鶏を一羽用いて祭品を作り地下へ埋める、祀神の米は稲米を用いる。文山、勾■山、風雨山、騩山は諸山の宗主であった。これらの山の山神の祭祀には、美酒を献じ、豚、羊を用いて祭品を作る。祀神の玉器中には吉玉を用いる。熊山は諸山の首領であった。この山の山神の祭祀には美酒を献じ、豚、牛、羊で祭品を作る。祀神の玉器中には玉璧を用いる。手には盾を持ち舞を舞い、戦争の禍を取り除く。礼服を着て手には美玉を持って舞を舞い、幸福を祈願する。

  • 中山経十経

中央第十列山系の首は陽山と言い、山上には金属鉱物と玉石が豊富にあり、草木は無かった。

さらに西へ五十里に虎尾山があり、ここにある樹木は花椒樹(サンショウ)、椐樹(ヘビノキ)が最も多く、至る所に封石があった。山南面には黄金が豊富にあり、山北面には鉄が豊富にあった。

さらに西南へ五十里に繁繢山があり、ここの樹木は楢(ナラ)と杻樹(杏の一種)であり、草の多くは桃枝及び鈎端の類の小竹叢であった。

さらに西南へ二十里に勇石山があり、草木は育たず白銀が豊富にあり、至る所に流水があった。

さらに西へ二十里に復州山があり、ここの樹木は檀樹が多く、山南面には黄金が豊富にあった。山中には禽鳥がおり、形状は一般的な猫頭鷹(フクロウ)に似ていたが一つの爪と豚と同じ尾があった。名を跂踵と言った。跂踵が現れた国はどこでも大疫病が発生したと言う。

さらに西へ三十里に楮山があり、寄生樹が繁茂しており、至る所に花椒樹、椐樹、柘樹があった。さらに大量の堊土(漆喰)があった。

さらに西へ二十里に又原山があった。山南面には青雘が豊富にあり、山北面には鉄が豊富にあった。ここの禽鳥は八哥が最も多かった。

さらに西へ五十里に涿山があり、ここの樹木の大部分はカジノキ、柞(イスノキ)、杻樹(杏の一種)であり、山南面からは【王雩】琈玉が多く産出された。

さらに西へ七十里に丙山があり、ここの樹木の大部分は梓、檀であり、さらに弞杻樹(樹木の名前だがはっきりしたことは不明)が多くあった。

ここまでをまとめると、陽山山系は首陽山から始まり丙山で終わり、全部で九つの山があり、全行程は二百六十七里であった。諸山の山神の形状は龍の体に人面であった。山神の祭祀は、毛物中に鶏を一羽用い捧げた後、地下に埋めた。祀神用の米は五種の穀米を用いた。堵山が諸山の宗主で、この山神の祭祀には豚、羊を生贄にして祭品を作り、美酒を献じて祀る。玉器中には玉璧を一つ入れ、祀った後地下に埋める。騩山は諸山の首領で騩山の山神を祭る際には美酒を献じ、豚、牛、羊の三種を生贄にして祭品を作る。そして、女巫師と男祝師の二人一緒に舞わせ、玉器中に玉璧を一つ入れて祀る。

  • 中山経十一経

中央第十一烈山系荊山山系の首は翼望山と言いう。湍水はこの山より流れ出て東へ向かい済水へと注いだ。貺水もこの山より流れ出て東南へ向かい漢水へと注いだ。水中には蛟が多くいた。山上には至る所に松と柏の木があり、山下には漆と梓の木が生い茂っていた。山の南面からは黄金が多く産出し、山の北面からは珉石が多く産出した。

さらに東北へ百五十里に朝歌山があった。■水はこの山より流れ出て東南へ向かい荥水へと注いだ。水中には多くの人魚が住んでいた。山上には梓と楠が生い茂っており、ここの野獣は羚羊、麋鹿が最も多かった。山中には莽草という草があり、その毒で魚を殺すことができた。

さらに東南へ二百里に帝囷山があり、山の南面からは【王雩】琈玉が豊富に産出し、山の北面からは鉄が豊富に産出した。帝囷水はこの山の山頂より流れ出て地面にもぐり山下へと流れた。水中には四本の翅を持つ鳴蛇が多く住んでいた。

さらに東南へ五十里に視山があり、山上には至る所に野韮菜があった。山中には井戸が一つあり、夏には水があるが冬には枯れた。山上には桑が生い茂り、さらに良質な堊土(石膏)、金属鉱物、玉石が豊富にあった。

さらに東へ二百里に前山があり、ここの樹木はカシが多く生えており、柏も少なからずあった。山の南面からは金が産出され、山の北面からは赤鉄鉱を多く産出した。

さらに東南へ三百里に豊山があった。山中には野獣がおり、形状は猿のようであるが紅色の眼と紅色の口をしており、体は黄色であった。名を雍和と言った。雍和が出現した国はどこでも大きな恐怖が発生した。神仙耕父はこの山におり、常に清泠淵で遊覧していた。水に出入りするときには決まって閃光を放ち、神仙耕父が出現した国はどこも衰退したと言う。この山にはさらに九つの鐘があり、霜が降りたときに一斉に鳴ったと言う。山上には豊富な金があり、山下にはカジノキとイスノキ、杻(杏の一種)、カシノキが生い茂っていた。

さらに東北へ八百里に兔床山があり、山の南面には鉄が豊富にあり、山中の樹木はカシとドングリが最も多かった。花の咲く草は鶏穀草が最も多くその根は鶏の卵に似ており味は酸味の中に甘みを帯びていた。食べると体に有益であると言う。

さらに東へ六十里に皮山があり、大量の垩土(石灰)があり、さらに大量の赭石(土状の赤鉄鉱)があり、ここの樹木は大部分が松と柏の木であった。

さらに東へ六十里に瑶碧山があり、ここの樹木は梓と楠が最も多く、山北陰面からは青雘(青色の鉱物顔料)が多く産出され、山南陽面からは白銀が多く産出された。山中には禽鳥がおり、形状は一般的な野鶏でありよく蜚虫を食べ、名を鴆(ちん)と言った。

鴆鳥に関しては以下をご覧ください!

鴆:毒酒として悪名高く数々の人物を闇に葬ってきた毒鳥

さらに東へ四十里に攻離山があり、淯水はこの山より流れ出て南へ向かい漢水へと注いだ。山中には禽鳥がおり名を嬰勺と言い、形状は普通のカササギであるが、紅の眼と紅の口を持ち、体は白く尾と酒勺の形状は似ていた。その名は鳴き声に字を当ててつけられた。この山にはさらに多くの■牛、羬羊がいた。

さらに東北へ五十里に祑■山があり、山上には松、柏、ハンノキ、桓が生い茂っていた。

さらに西北へ百里に堇理山があり、山上には松と柏が繁茂しさらに良質の梓も多くあった。山北陰面からは青雘を多く産出すると共に豊富な金があり、ここの野獣は豹と虎が最も多かった。山中には禽鳥がおり、その形状は一般的なカササギに似ているが、青色の体に白い嘴と白い目、白い尾を持っており、名を青耕と言い、人が飼うと疫病を避けたと言う。その名は鳴き声に字を当ててつけられた。

さらに東南へ三十里に依軲山があり、山上には杻(杏の一種)とカシが繁茂しており柤樹も少なからずあった。山中には野獣がおり形状は普通の犬だが虎と同じ爪を持っている上に体は鱗で覆われていた、名を獜と言い飛び跳ねばたつくことに長じている。その肉を食べると風痺病に罹らないと言う。

さらに東南へ三十五里に即谷山があり、良質な玉石を多く産出した。山中には黒豹が多くおりさらに山驢と麈も少なからずおり、羚羊と■も多くいた。山南陽面からは珉石を多く産出し、山北陰面からは青雘を多く産出した。

さらに東南へ四十里に鶏山があり、山上の至る所に良質な梓があり、さらに桑も繁茂していた。草は野韮菜が最も多かった。

さらに東南へ五十里に高前山があり、この山の上には一条の渓水があり非常に冷たく特別に透き通っており透明であり、神仙帝が浆水として使用した。この水を飲むと心痛病に罹らないと言う。山上には金が豊富にあり、山下には赭石が豊富にあった。

さらに東南へ三十里に游戯山があり、杻(杏の一種)、カシ、コウゾが繁茂していた。さらに玉石が豊富にある上に封石も多くあった。

さらに東南へ三十五里に従山があり、山上の至る所には松と柏があり山下には竹叢が繁茂していた。従水はこの山の山頂より流れ出て地下を流れ山下へと至る。水中には三足鼈が多くいた。分岐した尾を持ちその肉を食べると疑心病に罹らないと言う。

さらに東南へ三十里に嬰■山があり、山上の至る所には松と柏があり、山下には梓と椿が繁茂していた。

さらに東南へ三十里に畢山があり、帝苑水はこの山より流れ出て東北へ向かい瀙水に注いだ。水中には水晶石が多くあり、さらに多くの蛟がいた。山上には【王雩】琈玉が豊富にあった。

さらに東南へ二十里に楽馬山があった。山中には野獣がおり形状は一般的なハリネズミに似ているが、全身は丹火のように赤紅でなり名を■と言った。出現した国はどこでも疫病が発生すると言う。

さらに東南へ二十五里に葴山があり、瀙水はこの山を流れ出て東南へ向かい汝水へと注いだ。水中には人魚が多くおり、また蛟も多くおり、さらに多くの頡がいた。

さらに東へ四十里に嬰山があり、山下には豊富な青雘があり、山上には金属鉱物と玉石が豊富にあった。

さらに東へ三十里に虎首山があり、柤、椆、ケヤキが繁茂していた。

さらに東へ二十里に嬰矦山があり、山上からは封石を多く産出し、山下からは紅色の錫土を多く産出した。

さらに東へ五十里に大孰山があり、殺水はこの山より流れ出て東北へ向かい瀙水へと注いだ。沿岸の至ることには白色の垩土があった。

さらに東へ四十里に卑山があり、山上には桃、李、柤、梓が繁茂しており、さらに紫藤も多くあった。

さらに東へ三十里に帝山があり、山上には玉石が豊富にあり、山下には金が豊富にあった。山中には野獣がおり、形状は鼣鼠(犬に似たネズミ)に似ており、白い耳と白い口で狙如と言った。狙如が出現した国はどこでも大戦争が起こったと言う。

さらに東へ三十里に鯢山があり、鯢水はこの山の頂上より地下を流れて山下へと至った。ここには良質な垩土が多くあった。山上には金が豊富にあり、山下には青雘が豊富にあった。

さらに東へ三十里に雅山があり、澧水はこの山より流れ出て東へ向かい瀙水へと注いだ。水中には大魚が多くいた。山上には良質な桑が繁茂しており、山下には柤が繁茂していた。ここからはさらに金が多く産出された。

さらに東へ五十里に宣山があり、淪水はこの山より流れ出て東南へ向かい瀙水へと注いだ。水中には蛟が多くいた。山上には桑の一種があり、幹の周囲は五十尺あり枝は四方に交差して伸びていた。葉は円形で一尺ほどの大きさで紅色の模様があった。黄色の花びらに青色のガクがあり、名を帝女桑と言った。

さらに東へ四十五里に衡山があり、山上からは青雘が多く産出されさらに桑が繁茂していた。ここの禽鳥は八哥が最も多かった。

さらに東へ四十里に豊山があり、山上からは封石が多く産出された。ここの木は桑が最も多く、さらに大量の羊桃があった。羊桃の形状は一般的な桃であるが四角い幹をしており、皮膚の腫れものの治療にもちいられると言う。

さらに東へ七十里に妪山があり、山上からは良質な玉石が産出し、山下からは金を多く産出した。ここの草花は鶏谷草が最も多かった。

さらに東へ三十里に鮮山があり、ここの木は楢(ナラ)、杻(杏の一種)、柤が最も多かった。草花は薔薇が最も多く、山南陽面には金が豊富にあり、山北陰面には鉄が豊富にあった。山中には野獣がおり、形状は膜犬のようであるが、紅色の口に紅色の眼、白い尾をしていた。名を■即と言い、出現した地方はどこでも火災が発生したと言う。

さらに東へ三十里に章山があり、山南陽面からは金が多く産出され、山北陰面からは美しい石が多く産出された。皋水はこの山より流れ出て東へ向かい澧水へと注いだ。水中には多くの脃石があった。

さらに東へ二十五里に大支山があり、山南陽面には金が豊富にあり、ここの樹木の多くはカジノキとイスノキであったが、草は生えていなかった。

さらに東へ五十里に区呉山があり、ここの樹木は柤が最も繁茂していた。

さらに東へ五十里に声匈山があり、ここにはカジノキが繁茂しており、至る所に玉石があり山上からはさらに封石を産出した。

さらに東へ五十里に大騩山があり、山南陽面からは黄金が多く産出され、山北陰面からは細磨石が多く産出された。

さらに東へ十里に踵臼山があり、草木は生えなかった。

さらに東北へ七十里に暦石山があり、ここの樹木は牡荆とクコが最も多く、山南陽面からは黄金が多く産出され、山北陰面からは細磨石が多く産出された。山中には野獣がおり形状は野猫に似ているが白色の頭部と虎の爪があり名を梁渠と言い、出現した国家はどこでも国内で大戦争が起こったと言う。

さらに東南へ百里に求山があり、求水はこの山の頂上から地下を流れて山下へ至り、ここには多くの良質な赭石があった。山中の至る所に柤があり、小さな叢生の■竹があった。山南陽面からは黄金が豊富に産出され、山北陰面からは鉄が豊富に産出された。

さらに東へ二百里に丑陽山があり、山上にはケヤキと椆の木が繁茂していた。山中には禽鳥がおり、形状は一般的な鴉であったが紅色の爪があり名を■■と言った。人が飼うと火を避けることができたと言う。

さらに東へ三百里に奥山があり、山上には松、杻(杏の一種)、橿が繁茂しており、山南陽面からは【王雩】琈玉が多く産出した。奥水はこの山より流れ出て東へ向かい瀙水へと注いだ。

さらに東へ三十五里に服山があり、ここの樹木は柤が最も多く、山上には封石が豊富にあり、山下には紅色の錫土が多く産出した。

さらに東へ三百十里に杳山があり、山上の至る所に嘉栄草があり、さらに金属鉱物と玉石が豊富にあった。

さらに東へ三百五十里に■山があり、ここの樹木は楢(ナラ)、檀、杻(杏の一種)が最も多く、草類は香草が主であった。山中には野獣がおり形状は普通の豚であるが、体は黄色く頭と尻尾は白色であり名を聞膦と言った。一たび天下に現れると大風が起こったと言う。

ここまでをまとめると、荊山山系は翼望山から始まり■山で終わり、全部で四十八の山があり、全行程は三千七百三十二里であった。諸山の山神の形状は全て体は豚で人の頭をしていた。山神の祭祀は、毛物中に一羽の鶏を用いて祀った後に地下に埋め、祭神の玉器中には玉珪を用いて献ずる。祀神の米は黍、稷、稲、粱、麦の五種の穀物を用いる。禾山が諸山の首領であった。禾山の山神の祭祀は、毛物中に豚、牛、羊の三種の生贄で祭品を作り、献じた後に地下に埋める。祀神の玉器には玉璧を用いて献じるが、三種の生贄全てに供える必要はない。堵山、玉山は諸山の宗主で、祭祀後は常に生贄を埋め、献じる祭祀品には豚、羊であり、祀神の玉器中には吉玉を用いる必要がある。

  • 中山経十二経

中央第十二列山系の洞庭山山系の首は篇遇山であり、ここには草木は育たないが、黄金が豊富に埋蔵されていた。

さらに東南へ五十里に雲山があり、草木は育たなかった。しかし、桂竹の一種があり、毒性が特別強く枝葉が人体に刺さると必ず死んだと言う。山上からは黄金が多く産出され、山下からは【王雩】琈玉が多く産出された。

さらに東南へ百三十里に亀山があり、ここの樹木はカジノキ、柞、椆、椐が最も多く、山上からは黄金が多く産出され、山下からは石青、雄黄が多く産出され、さらに扶竹が多くあった。

さらに東へ七十里に丙山があり、桂竹が繁茂していた。さらに黄金、銅、鉄が豊富にあったが、樹木は無かった。

さらに東南へ五十里に風伯山があり、山上には金属鉱物と玉石が豊富にあり、山下には痠石、色彩と模様が鮮やかな美しい石、鉄を豊富に産出した。ここの樹木は柳、杻(杏の一種)、檀、カジノキが最も多かった。風伯山の東面には一片の樹林があり莽浮林と言い、その中には多くの良質な樹木があり、禽鳥野獣がいた。

風伯に関しては以下をご覧ください!

黄帝を苦しめた中国最凶の風神、雨神コンビ、風伯と雨師

さらに東へ百五十里に夫夫山があり、山上からは黄金を多く産出し、山下からは石青、雄黄を多く産出した。ここの樹木は桑、カジノキが最も多く、草は竹子、鶏谷草が最も多かった。神仙于児はこの山中に住み、形状は人の体で両手に二条の蛇を握っていた。よく長江の深淵中で泳ぎ遊んでおり出没する際には常に閃光があった。

さらに東南へ百二十里に洞庭山があり、山上からは黄金を多く産出し、山下からは銀と鉄を多く産出した。ここの樹木は柤、梨、橘子、柚が多く、草は蘭、蘪芜、芍薬、芎などの香草が多かった。天帝の二人の娘がこの山に住んでおり、彼女らは常に長江の深淵中で泳ぎ遊んでいた。澧水と沅水から吹く清風が幽清の湘水淵潭上で交わり、九条江水が合わさっていた。彼女たちが出入りするときには旋風とにわか雨が随伴した。洞庭山中にはさらに多くの怪神が住んでおり、形状は人であるが身の上に蛇を巻き付け、左右両方の手には蛇を握っていた。ここにはさらに多くの怪鳥がいた。

さらに東南へ百八十里に暴山があり、生い茂る草木中に棕、楠、荊、クコの木と竹子、箭竹、■竹、箘竹が多く生えていた。山上からは黄金、玉石を多く産出し、山下からは色鮮やかな模様のある美しい石、鉄を多く産出した。ここの野獣は麋鹿、鹿、麂が多くおり、ここの禽鳥の大部分は鷲鷹であった。

さらに東南へ二百里に即公山があり、山上からは黄金を多く産出し、山下からは【王雩】琈玉を多く産出した。ここの樹木は柳、杻(杏の一種)、檀、桑が最も多かった。山中には野獣がおり形状は普通の亀であるが、白い体に紅色の頭をしており、名を蛫と言い、人が飼うと火を避けることができると言う。

さらに東南へ百五十九里に堯山があり、山北陰面からは黄色の垩土を多く産出し、山南陽面からは黄金を多く産出した。ここの樹木は牡荊(ニンジンボク)、苟杞(クコ)、柳、檀が最も多く草は山薬、蒼術或いは白術が最も繁茂していた。

さらに東南へ百里に江浮山があり、山上からは銀、磨石を多く産出し、草木は無かった。野獣は野豚、鹿が多くいた。

さらに東へ二百里に真陵山があり、山上からは黄金を多く産出し、山下からは玉石を多く産出した。ここの樹木はカジノキ、柞、柳、杻(杏の一種)が最も多く、草の大部分は関節リューマチの治療に使用できる栄草であった。

さらに東南へ百二十里に陽帝山があり、至る所に上質な銅があった。ここの樹木の大部分はカシノキ、杻(杏の一種)、山桑、楮であった。野獣は羚羊と麝香鹿が最も多かった。

さらに南へ九十里に柴桑山があり、山上からは銀を多く産出し、山下からは碧玉を多く産出した。至る所に軟らかい泥のような汵石、赭石があった。ここの樹木は柳、クコ、楮、桑が多く、野獣は麋鹿、鹿が多くおり、さらに白色の蛇、飛蛇も少なからずいた。

さらに東へ二百里に栄余山があり、山上からは銅を多く産出し、山下からは銀を多く産出した。ここの樹木の大部分は柳、クコであり、ここの虫類には多くの怪蛇、怪虫がいた。(虫はもともと爬虫類や両生類を含む小さな動物全体を指している漢字です。)

洞庭山山系の首尾をまとめると、篇遇山から始まり栄余山で終わる。全部で十五の山があり全行程は二千八百里であった。諸山の山神の形状は全て鳥の体に龍の頭をしていた。山神の祭祀には毛物中に一羽の鶏、一頭の母豚を殺して祭品を作り、祀神の米は稲米を用いる。凡夫夫山、即公山、堯山、陽帝山は全て諸山の宗主で、これらの山の山神の祭祀には全て生贄と玉器を陳列した後に地下に埋め、祈神には美酒を用いて献じる。毛物中には豚、羊の生贄を用いて祭品を作り、祀神の玉器中には吉玉を用いる必要がある。洞庭山、栄余山は神霊顕応の山であり、この二柱の山神の祭祀には全て生贄、玉器を陳列した後に地下に埋め、祈神には美酒及び豚、牛、羊の三種の生贄を用いて献じる。祀神の玉器には十五個の玉圭と十五個の玉璧を用い、青、黄、赤、白、黒の五色の色彩で彼らを飾る。

以上をまとめると、天下の名山は五千三百七十座あり、大地の東西南北中央の各方角に分布し、合わせると六万四千五十六里である。

以上

原文は以下をご覧ください!

出典:baidu

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク