中国神話の奇妙な虎の怪物を集めてみた。怪虎特集1(彘、羅羅、倒寿)

虎の怪物と言えば、四象に数えられる白虎が有名です。白虎は強大な力を誇る西方を守護する神獣であり、中国でも高い地位を持っています。日本でも非常に有名です。その他にはどのような虎の怪物がいるのでしょうか。早速見てみましょう。

彘(てい zhi4 ジィ)

彘は山海経中に記述が見られ、人を食べると言う恐ろしい怪物です。


山海経の南山経には、”さらに東へ五百里に浮玉山があり、山上から北を向くと具区澤が望め、東を向くと諸水が望める。山中には野獣がおり、その形状は虎のようで、牛の尻尾がありその鳴き声は犬の泣き声と同じであった。名を彘(てい)と言い人を食べた。”とあります。




山海経南山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,1 五蔵山経南山経編

出典:baidu

羅羅(らら luo2luo2 ルオルオ)

羅羅は青色をした虎のような怪物で山中に住んでいます。

山海経の海外北経には、”北海内に野獣がおり、その形状は一般的な虎のようで名を騊駼と言った。さらに、駮という名の野獣がおり、白色の馬のようで鋸のような歯があり、虎を豹を食べた。さらに、蛩蛩という名の野獣がおり、白色で馬のようであった。さらに、羅羅という名の野獣がおり、青色で虎のようであった。”とあります。

騊駼に関しては以下をご覧ください!

騊駼:大昔は神獣のことを指していた名馬の美称

山海経海外北経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,8 海外経海外北経編

出典:wiki

倒寿(とうじゅ dao3shou4 ダオショウ)

倒寿は神異経にその記述が見られています。

倒寿は西荒に住んでいると言われている虎のような怪物です。体長は三尺もあり、人面で虎の脚を持ち、その牙は一丈八尺で人を食べると言われています。

戦いがあっても逃げずに死ぬこともためらわなかった。西荒の人々が網を張って倒寿を捕らえようとしたがずるがしこく罠の存在をかぎつけた。その名を倒寿と言った。

出典:baidu

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク