応龍(應龍):不死身の帝王である蚩尤を討ち取った中国最強の龍

応龍は中国古代神話中の翼を持っている龍のことを指しますが、神話上では様々な逸話を残しています。黄帝と蚩尤の一大決戦である涿鹿(たくろく)の戦いで敵の総大将蚩尤を討ち取り黄帝側を勝利に導きました。

不死身でありさらに狂暴で手が付けられなかった蚩尤を倒してしまったので、中国神話中の神獣や妖怪たちの中で最強は誰だ、となったときに真っ先に候補に挙がるのがこの応龍でしょう。

9c6263df

応龍は水を扱う能力が高く、畜水や降雨などの能力を駆使して戦います。また、この能力を生かして禹の有名な治水工事では尾を使って川の支流を作り、川の水を海に流すことで禹の治水工事を成功に導いたりと、神話上でひと際強い光を放っています。この治水の成功により中原の黄河流域は安定して禹は華夏王朝を打ち建てたといいます。華夏王朝は殷の前にあったと言われている伝説の王朝です。

蚩尤と戦った応龍と治水工事を行った応龍は同一の龍であり、応龍というとこの龍を指す場合が多いですが、もともと応龍は種族名です。基本的に翼のある龍を応龍と言いますが、その他にも翼のない龍は角の本数などで分類されており、燭龍や蛟龍などという名前が付けられています。




今回ご説明する古代神話中で大活躍をした応龍とは一体どんな龍なのか早速見てみましょう!

  • 応龍(應龍)(おうりゅう 应龙 ying4long2 インロン)

応龍が最初に出てくるのは、黄帝の時代です。《山海経》や《史記》に応龍の記述がみられます。黄帝は最初、炎帝と戦いました。炎帝との戦いである阪泉の戦いでは応龍は炎帝の火攻めを雨を降らせることで破っています。

阪泉の戦いの後、黄帝は炎帝を手を組み当時最も勢いのあった蚩尤との戦いに臨みました。両雄は涿鹿(たくろく)の地で最終決戦を行います。いわゆる涿鹿(たくろく)の戦いです。この戦いで両陣営は様々な神獣、霊獣を召還して総力戦を繰り広げました。中国神話中で最も激烈な戦いであったと考えられます。

黄帝側についていた応龍は畜水に長け、蚩尤側には風を呼び雨を降らす風伯と雨師といった仙人が味方についていました。この戦いを応龍は優勢に進めていましたが、相手方がターゲットを黄帝に切り替えることで大雨が黄帝陣営へと降り注ぎ、黄帝側は劣勢に立たされました。

涿鹿(たくろく)の戦いについては以下をご覧ください!

神獣を巻き込んだ古代中国最大の激戦、涿鹿(たくろく)の戦いとその結末

この窮地を救ったのが黄帝の娘とも言われている魃でした。魃は旱魃とも言い、日照りの女神でした。ちなみに中国の有名な妖怪であるキョンシーはこの旱魃に由来しています。黄帝は娘に頼んで雨を止めてもらい、一挙に劣勢を挽回してそのまま蚩尤の部落まで攻め込みました。この戦いで応龍は蚩尤を仕留めるという多大なる戦功をあげたと言われています。一方、別な説では蚩尤は黄帝により首を切り落とされたなど諸説あります。韓非子は敗戦後、蚩尤は黄帝に帰順した、という説を取っています。

be686e84

応龍はこの戦争で消耗しきったため天に帰る力を失い、戦争後は南方の山中に蟄居しました。 南方で静かに暮らしていると、時は過ぎ大禹の時代に至りました。この時代は洪水に悩まされ人々は苦しんでいました。

fef38ccc

大禹はこの人々を救うという重責を果たすため、応龍のところを行き助けを求めました。大禹の求めに応じて応龍は尻尾で大地を掃き、水路を作ることで治水に成功しました。これにより応龍は大禹の功臣となりました。




応龍の外見に関しては以下のようにあります。応龍には1対の翼があり、身体はうろこで覆われて、背にはとげがあり、口はとがっていて、鼻、目、耳はどれも小さいが、眼のふちは大きく、眉は高く歯は鋭く、額には突起があり、首は胴体よりも細く、尾は長く尖っており、四肢壮健で翼のある揚子ワニに似ているといいます。戦国時代の玉や漢代の石や漆器などのモチーフとして応龍はよく見られています。

出典:baidu

翼のある龍である応龍の伝説です。応龍は黄帝と蚩尤の戦いで重要な役割を果たしています。また、黄帝の子孫である大禹の有名な治水工事にも参加し功績を残しています。青龍、黄龍と並んで五帝に仕える龍の中心的な存在がこの応龍なのです。

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ

あわせて読みたい!

青龍:中国の神獣、四象、霊獣特集

龍生九子:中国の神獣、四象、霊獣特集

燭龍や蛟龍など様々な龍たち:中国の神獣、四象、霊獣特集

白澤、蜚、馬腹:中国の神獣、四象、霊獣特集




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク