第十八巻:捜神記を翻訳してみた

干宝の捜神記第十八巻です。この巻は狐狸が化けた鬼怪が多く書かれています。昔の中国の鬼怪に対する捉え方がよくわかる巻ですね。このような怪物は魑魅魍魎とも呼ばれており、長いこと時がたち、様々な能力を獲得した怪物を言います。魑魅魍魎に変わるのは木でも石でもいいのですが、知能が高く人に化ける話は狐の魑魅魍魎が多いです。

  • 細腰

張奮は東漢の魏郡の人で、実家は非常に裕福であったが後に忽然と衰退し。財産を失った。そのため、家を程応に売ってしまった。程応がその家に移り住むと、家族は皆病気になったため、程応はその家を近所の何文に売ってしまった。何文は家を買った後に一人先に大刀を持って家に入り、夜になると北面の堂屋へと行き、梁へと登り身を隠した。

夜も深まったころ、忽然と身長が一丈余りで高い帽子を被り、黄色い衣服を着ている人物が現れて堂屋に入ってくると大声で、”細腰。”と叫んだ。細腰はその呼びかけに答えた。黄色の衣服の人物は、”家の中に生きた人間の気配がするがなぜだ?”と聞くと、細腰は生きた人間はいないと答えると、黄色の衣服の人物は離れて行った。その後すぐに、また高い帽子をかぶった人物が入ってきたが、その人物は青色の衣服を着ており、続いて高い帽子をかぶり、白色の衣服を着た人物も入ってきた。彼らは細腰に先ほどの黄色い衣服の人物と全く同じ質問をした。

空が明るくなったころに、何文は天上から堂屋へと降り、先ほどの人物たちと同じ方法で細腰に呼びかけた。何文は細腰に、”さっきの黄色の服を着た人物は誰だ?”と問うと、細腰は、”あの人物は黄金で、堂屋の西の壁の下に埋まっています。”と答えた。何文は続けて、”青色の衣服の人物は誰だ?”と聞くと、細腰は、”あの人物は銅銭で、堂屋の正面から五里ほど行った場所にいます。”と答えた。何文はさらに、”では白色の衣服の人物は誰だ?”と聞くと、細腰は、”あの人物は白銀で、壁の東北の柱の下面にいます。”と答えた。最後に、”お前は誰だ?”と聞くと、”私は木杵で、今はかまどの下にいます。”と答えた。

夜が明けると、何文は細腰が言った場所を掘ってみると、五百斤の黄金、五百斤の白銀、千万貫の銅銭を得た。その後、木杵を燃やしてしまった。これ以降、何文は非常に裕福になり、家も安寧であった。

  • 樹神黄祖

盧江郡の龍舒県(りゅうじょけん)に、陸亭と言う場所があった。一本の大きな木が、陸亭に流れる水辺のそばにあり、高さは数十丈で、数千もの黄鳥が木の上に巣をかけていた。当時、盧江に大干ばつが続いており、長老が集まって相談し、「あの木は年中黄色い気配が漂っているので、きっと神霊に違いない。あの木へ雨を祈願するのはどうであろう。」と相談していた。以降、長老たちは供え物を供えて大樹に祈祷を行った。

陸亭には李憲と言う未亡人がおり、彼女は夜に起きると、忽然と部屋の中にきらびやかな衣装を着た婦人を見た。その婦人は李憲に、「私は樹神の黄祖と言い、雲を興し波を作り、風を呼び雨を降らせることが出来ます。あなたの品行は高潔ですので、私はあなたを助けに来ました。今朝、長老たちが来て雨を祈願しましたので、私はこの件を天帝に上申しました。明日の昼に大雨が降るでしょう。」と言った。

果たして、次の日の昼に傾盆の大雨が降った。当地の人は樹神黄祖のために廟を建てた。李憲は、「長老を始め皆様ここにいらっしゃり、私は水辺に住んでいますので、鯉を贈ります。」と言い終わると、数十匹の鯉が堂屋の中に降ってきた。座っていた人々は皆驚いた。

一年後、黄祖は李憲に、「この地方で大きな戦いが起こるでしょう。今日、私はあなたにお別れを言いに来ました。」と言うと、黄祖は玉環を取り出して李憲に贈り、「この玉環を身に着けていると禍から逃れることが出来ます。」と言った。そのご、劉表と袁術が領土を巡って戦争が起こり、龍舒県の人々は皆、その地を離れたが、李憲の郷里だけは戦禍を免れた。

  • 陸敬叔が怪を煮る

呉国の先帝の頃、建安太守の陸敬叔は人を派遣して一本の大樟樹を伐らせた。何度か斧で伐ると、木から血が流れ出た。木を伐り終えるころ、人面で犬の身体をした怪物が木の中から出てきた。陸敬叔はそのかいぶつを指さして、「これは彭侯と言う。」と言った。そのあと、陸敬叔はその怪物を煮て食べ、その味は犬の肉と大差はなかった。古書の白澤図にも、「木の中で精となった怪物は彭侯と言い、その形状は黒犬のようであるが、尻尾は無く、その肉は煮ると食べれる。」と記載されている。

  • 老狸が董仲舒を詣でる

董仲舒が読んでいた本を閉じると、客人が来訪した。董仲舒はその客人が普通の人間ではないことを知った。客人は、「天は雨を降らせる必要がある。」と言うと、董仲舒は冗談交じりに、「久しく巣の中に住み風を知り、久しく洞穴に住み雨を知り、あなたが狐狸ではないならきっとはつかねずみでしょう。」と言い終わると、客人は老狐狸に変わった。

  • 張華が知で狐魅を擒える

張華は字を茂先といい、晋恵帝の時、司空に任ぜられた。当時、燕の昭王の墓前には斑狐(まだらぎつね)がおり、千年の修練を経て変化の能力を獲得した。ある日、斑狐は一書生に変化し、張華に謁見しに行こうとした。そして墓前の華表に、”私のこの書生の姿で、張司空にお会いできますか?”と尋ねた。華表は、”上手い聞き方です。もちろん駄目だとは言えません。ただし、張公は博学の知恵者ですので、騙すことは非常に難しいです。会うと必ず辱められ、帰ってこれないでしょう。またあなたの千年間修練したその体を失い、私も含めて禍が訪れるでしょう。”と言った。斑狐は従わず、張華に謁見するために自分の名前を書いて謁見を求めた。

張華は書生の洗練された様を見て驚いた。潔白玉の如し、その立ち居振る舞いは洗練されており、優雅であった。さらにその論はこれまで聞いたことがないほど明晰であった。史書を評価し、百家の考えを論じ、老荘の思想を分析した。古代の聖人の哲学を納め、天文地理に通じ、儒家の学派にも習熟し、礼儀を理解しており、張華はただ耳を傾けるしかなかった。

そして、張華はため息とともに、”天下にこのような少年が居るなどありえない。もし鬼魅でなければすなわち狐狸に違いない。”と言い、寝台を掃除させ、書生に留まるように言い、人を遣わし監視させた。少年は張華に、”張司空は尊賢で多くの賢士、才能を持つ人々がそばに居り弱者を助けています。なぜ学問のある者を憎むのです?墨子の言う兼愛はよもやこの様なものではないではないですよね?”と言い終わると、張華に別れを告げたが、門は衛兵により閉ざされており出れなかった。

少年は再度張華に対して、”あなたは武器を持たせて兵士に門を守らせています。きっと私に対して疑いを持っているのでしょう。私の心配は天下の人がこの件以降に口を閉ざして物を言わず、才能ある儒者があなたの大門を敲くことを望んでいてもあえて門を敲かないようになることです。私はあなたを惜しんでいるのです。”と言った。しかし、張華は動じず、少年をさらに厳重に監視した。

豊城県令の雷煥は字を孔章と言い、博識な人物として知られており、この時張華に会いに来ていた。張華は雷煥に少年の一件を話すと、雷煥は、「もし疑うのならなぜ犬を使って妖怪かどうか調べないのです?」と言った。張華は人に犬を連れて来させ、狐狸が化けている書生に合わせたが、うろたえる様子は微塵もなかった。狐狸は。”私の才は天性のものです。あなたは私が妖怪であると疑い犬で試しました。千回でも一万回でも試していただいて構いませんが、私を傷つけることはできません。”といった。

狐狸の話を聞くと張華はさらに激怒して、「鬼怪に違いない。人々は鬼怪が犬を恐れるというがそれは数百年生きた妖怪の事です。千年以上生きた老怪物は犬ではわかりません。しかし、老怪物は千年以上生きた枯れ木を燃やした光を当てると原型が現れるといいます。」と言った。雷煥は、「千年の神木はどこにあるのです?」と言った。張華は、「世間の噂では燕昭王の墓前の華表木が千年の神木だと言います。」というと、すぐに兵士を燕昭王の墓地へ華表を切りに行かせた。

墓地へ到着すると、突然青い衣を着た子供が天から降りてきて兵士たちに、「何しに来た?」と聞いた。兵士たちは、「張司空がこのあたりから来た弁舌爽やかな少年が妖怪であると疑っている。それで私を派遣してこの華表の木を切ってこさせ、その火で少年を照らすのだ。」と答えた。

青衣の子供は、「あの老狐狸はあまり賢くなかった。私の勧告を聞かず、災いが自分にも及んできた。どこに逃げ場があるのだ?」と言い終わると、子供は大声で泣き、消えてしまった。兵士は木を切ると、木の内側から大量の血が流れだした。

張華は華表木を受け取ると少年書生を照らした。すると狐狸の原形が浮かび上がり、花斑狐狸であった。張華は、「この二匹の畜生は私に会わなければ千年の内に捕らえることは不可能であったろう。」と言うと、張華は千年狐狸を煮殺してしまいました。

  • 句容の狸婢

句容県の麋村の村民である黄審が田を耕していると、女性が一人田の脇を通り過ぎた。その女性はあぜ道を歩き、東方から歩いており、すぐにまた来た道を帰って行った。最初は、黄審はその女性が人間だと思っていたので、彼女を見るたびに奇妙に思っていた。そして黄審は、「ご婦人よ、毎回どこから来ているのですか。」と婦人に聞くと、婦人は足を止めてただ黄審をみて笑うだけで話はせず、また歩き始めた。黄審は更に疑い、身近に長い鎌を用意し、婦人が戻ってくるのを待ったが、敢えて婦人は斬らずに、連れの下女を斬りつけた。婦人は驚き、狐狸に変わり走って逃げ、下女を見ると狐狸の尾が一本あった。黄審は狐狸を追いかけたが、追いつけなかった。その後、この狐狸がある洞穴に出没したのを見た人がいたので、その洞穴を掘りに行き、一匹の尾がない狐狸を掘り起こした。

  • 宋大賢が鬼を殺す

南陽郡の西郊に亭が一軒あったが、誰もそこに泊まろうとしなかった。なぜなら、そこに泊まると禍に遇うということであった。城の中に宋大賢と言う人物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする