中国神話の奇妙な猫の怪物を集めてみた。怪牛特集1(讙、類、梁渠)

中国神話に出てくる猫の怪物を集めてみました。猫と言っても猫に似ていると言うだけで微妙に何なのかよくわからない怪物達です。

讙(かん huan1 フアン)

讙は山海経に記載が見られる猫のような怪物です。


讙は山海経の西山経に記載が見られており、”さらに西へ水路を百里行くと翼望山へ至る。山上には草木はなく至る所に金属鉱物と玉石があった。山中には野獣がおり形状は一般的な野猫であるが一つ目で三条の尾があり名を讙と言った。発する声は百種の当物の叫び声に匹敵するが如くであり、飼うと凶邪の気を避けると言い、食べると黄疸病の治療に効果があると言う。山中には禽鳥がおり形状は普通の鴉であるが三つの頭に六条の尾があり笑い戯れることを好んだ。名を鵸■と言い人が食べると悪夢をみなくなり、さらに凶邪の気を避けると言う。”とあります。




この山には一つ目で三尾の怪物がいると思えば三つの頭に六尾の怪物がいると言う恐ろしい場所です。

山海経西山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,2 五蔵山経西山経編

出典:baidu

類(るい lei4 レイ)

類は霊猫とも言われており、雌雄両性の怪物です。

類は山海経の南山経に記載が見られており、”さらに東へ三百里に亶爰山があり、山間には多くの水が流れていた。草木は無く上には登れなかった。山中には野獣がおり、形状は野猫で人と同じような頭髪があった。名を類と言った。雌雄両性であり、類の肉を食べると妬みや嫉妬心が起こらなくなる。”とあります。

その肉には不思議な薬効があり、肉を食べると妬みや嫉妬が起こらなくなると言います。

類に関すると言われている伝説もあり、明の時代には南蒙化府一体にこの類がいたとされます。当地の人々はこの怪物を香髦と呼んでいたと言います。




さらに、南海山谷中に狸のように霊猫がいたとされ、雄雌両性であったと言い、この怪物も類ではないかと言われています。

山海経南山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,1 五蔵山経南山経編

出典:baidu

梁渠(りょうきょ liang2qu2 リャンチゥ)

梁渠は戦乱の兆しとなる怪物です。

山海経の中山経に記載が見られ、”さらに東北へ七十里に暦石山があり、ここの樹木は牡荆とクコが最も多く、山南陽面からは黄金が多く産出され、山北陰面からは細磨石が多く産出された。山中には野獣がおり形状は野猫に似ているが白色の頭部と虎の爪があり名を梁渠と言い、出現した国家はどこでも国内で大戦争が起こったと言う。”とあります。

戦争が起こってしまうので出てきてほしくない怪物です。

山海経中山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,5 五蔵山経中山経編

出典:baidu

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク