中国神話の奇妙な人を集めてみた。怪人特集2(傲因、環狗、犬戎、贛巨人)

古代中国の怪人特集その2です。今回も恐ろしい人たちが出てきます。

傲因、獏とも(ごういん ao4yin1 アオイン)

傲因は獏とも呼ばれ、古代中国の人を食べる怪物です。

傲因は神異経に記載が見られており、”西荒中に人がいた。大きさは人くらいで破れた衣を纏い、手には虎の爪があった。名を獏と言った。一人でいる人間を伺い、いつも人の脳を食べた。さらに巻かれた舌は一丈余りあり、人が先にその声を聞いて焼けた大石をその舌に投げると則ち気絶して死んでしまい、そうでなければ人の脳を食べた。”とあり、一人でいる人間を見つけては襲い、その脳を食べたと言います。




神異経に関しては以下をご覧ください!

神異経を読もう!神異経を翻訳してみた。

出典:baidu

環狗(かんく huan2gou3 フアンゴウ)

環狗の狗は犬を意味していますが、この環狗は人の体をしているようで犬のようでもあり、ハリネズミのようでもあるという理解を越えた怪物です。

環狗は山海経の海内北経に見られており、”環狗は野獣の頭部と人の体をしていた。別の言い方をすると、ハリネズミの様でありまた犬のようであり、全身は黄色であった。”とあります。

山海経海内北経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,12 海内経海内北経編

出典:baidu

犬戎(けんじゅう quan3rong2 チュアンロン)

戎と言う漢字は古代中国では兵器の総称として用いられていました。この漢字は兵器の意味以外にも中国北西部に広範囲に分布していた異民族を指すようにもなりました。

犬戎に関しては山海経の大荒北経に、”大荒中に融父山という名の山があり、順水はこの山を流れ込んだ。犬戎という名の人がいた。黄帝は苗龍を生み、苗龍は融吾を生み、融吾は弄明を生み、弄明は白犬を生んだ。この白犬は両性であり、犬戎族人となり、肉類を食物とした。形状は普通の馬で頭は無く名を戎宣王屍と言った。”とあります。




犬戎は北方の融父山と言う山に住んでいる人で、一族の祖先は黄帝の系譜である白犬であると書かれています。

山海経大荒北経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,17 大荒経大荒北経編

出典:baidu

贛巨人(かんきょじん gan4ju4ren2 ガンジュゥレン)

贛語と言うと中国の七代方言の内の一つを指します。この贛語の贛と言う漢字が使用されている巨人がおり、贛巨人と言われています。これらに関連性があるかどうかは不明ですが、贛巨人は山海経中に記載が見られています。

山海経の海内経には、”南方に贛巨人がおり、人面で唇が長く黒い体に長い毛が深々と生えていた。足先は前後逆にかかとが前を向いており、人を見ると笑いだし、一旦笑うと唇が顔全体を覆ってしまい、人はその隙に逃げ出した。”とあります。

この記述に関して、この贛巨人とは南方に住んでいた原人ではないか、と言う説も出ています。

山海経海内経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,18 大荒経海内経編

出典:baidu

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク