中国神話の奇妙な牛の怪物を集めてみた。怪牛特集1(軨軨、孰胡、呲鉄、精精、那父、領胡、豲、犀渠)

中国神話には様々な牛の怪物が登場します。中には草食ではなく人を食べると言う恐ろしい怪物も登場します。今回は古代中国の奇妙な牛の怪物をご紹介します。

軨軨(れいれい ling2ling2 リンリン)

軨軨は牛の形状をしていますが、虎の模様を持った怪物です。

軨軨は山海経の東山経に記述が見られ、”東方第二系列の首山は空桑山と言い、北面は食水に隣接しており山上で東を向けば沮呉を望むことができ、南を向けば沙陵を望むことができ、西を向けば湣澤を望めた。山中には野獣がおり、形状は一般的な牛であるが虎と同じ模様があり、発する声は人が苦しんで呻く声のようであり、名を軨軨と言った。軨軨の名はその発する声に字を当てて名付けられた。一度出現すると天下に水害が起こると言う。”とあります。




虎のような模様がある牛は実は存在しており、このような牛の事を指しているのではないかと思われます。

山海経東山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,4 五蔵山経東山経編

出典:baidu

孰胡(じゅくこ shu2hu2 シューフー)

孰胡は孰湖とも書きますが、古代中国の馬の怪物です。

孰胡は山海経の西山経に記載が見られ、”さらに西南へ三百六十里に崦嵫山があり、山上には丹樹が生い茂っており葉はカジノキの葉に似ていた。果実は瓜くらいで花には紅色のがくがあるが黒色の模様を帯びていた。人が食べると黄疸病が治癒し、火を避けることができると言う。山南面には多くの烏亀がおり、山北陰面の至る所には玉石があった。苕水はこの山より流れ出て西へ向かい大海へ注いだ。水中には多くの磨石があった。山中には野獣がおり形状は馬の体に鳥の羽を持っており人面で蛇の尾があり、人を抱き合抱えることを好み、名を孰胡と言った。”とあります。

孰胡は馬の体に翼があると言うペガサスのような見た目をしています。しかし、頭部は人面ですので見た目は少し怖い感じがします。

山海経西山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,2 五蔵山経西山経編

出典:baidu

呲鉄(じてつ? zi1tie3 ジーティエ)

呲鉄は噛鉄や食鉄獣とも言い、古代中国の鉄を食べる怪物です。神異経の中荒経に記載が見られ、形状は水牛に似ておりますが、巨大な角を持ちその毛は漆黒で鉄を食べ排泄物は硬く兵器を作ることが出来たと言います。鉄を食べて水を飲みますが、腸の中は傷つかないと言います。




呲鉄は南方に出現すると言う伝説もあり、《玄黄経》には、”南方噛鉄、糞は鋭利で硬かった。鉄を飲み水を飲み、腸の中は傷つかなかった。”とあります。

出典:baidu

精精(せいせい jing1jing1 ジンジン)

精精は中国の古代神話中の怪物です。

山海経の東山経には、”さらに南へ水路九百里に踇隅山があり、山上には草木が生い茂っており、金属鉱物と玉石が豊富にあり、赭石も多くあった。山中には野獣がおり、形状は一般的な牛であるが、馬と同じ尾があり、名を精精と言った。精精の名はその発する声に字を当ててつけられた。”とあります。




形状が牛で尻尾が馬と言うと普通に牛っぽいです。

山海経東山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,4 五蔵山経東山経編

出典:baidu

那父(なふ  na4fu4 ナフ)

那父は山海経の北山経に記載が見られ、”さらに北へ三百二十里に灌題山があり、山上には臭椿と柘が繁茂しており、山下には至る所に流沙があった。さらに磨石(とぎ石)を多く産出した。山中には野獣がおり、形状は一般的な牛であるが白色の尾があり発する声は人が大声で呼ぶときの声と同じであった。名を那父と言った。”とあります。

この怪物も普通の牛の事を言っていると思われます。

山海経北山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,3 五蔵山経北山経編

出典:baidu

領胡(りょうこ ling3hu2 リンフー)

領胡は中国神話中に出てくる牛の怪物です。

領胡は山海経の北山経に記載が見られ、”さらに東へ三百里に陽山があり、山上には玉石が豊富にあり、山下には金銅が豊富にあった。山中には野獣がおり、形状は一般的な牛であるが紅色の尾があり、首の上には肉瘤があり頭のような形状をしていた。名を領胡と言った。領胡の名はその発する声に字を当ててつけられた。その肉を食べると心神喪失に効果があると言う。”とあります。

牛の形状をしていますが、特徴は首にある瘤です。瘤を持つ牛は実在しますので、これらの牛のことを言っているのだと思われます。

山海経北山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,3 五蔵山経北山経編

出典:baidu

豲(かん huan2 フアン)

豲は不思議な牛に似た怪物で足が三本しかありません。

豲は山海経の北山経に記載が見られ、”さらに北へ四百里に乾山があり、草木はなく山南陽面には金属鉱物と玉石が豊富に埋蔵されており、山北陰面には鉄が埋蔵されていた。しかし、水流は無かった。山中には野獣がおり、形状は一般的な牛であるが三本足で名を豲と言った。豲の名はその発する声に字を当ててつけられた。”とあります。




山海経の北山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,3 五蔵山経北山経編

出典:baidu

犀渠(さいきょ xi1qu2 シィーチゥ)

犀渠は人を食べると言う恐ろしい牛です。

さらに西へ百二十里に厘山があり、山南面には多くの玉石があり、山北面には茜草が密集していた。山中には野獣がおり、形状は一般的な牛であるが全身は青黒く発する声は赤子の泣き声のようであり、人を食べた。名を犀渠と言った。”とあります。

山海経中山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,5 五蔵山経中山経編

出典:baidu

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク