中国神話の奇妙な馬の怪物を集めてみた。怪馬特集1(鹿蜀、矔疏、旄馬、駁、蛩蛩)

中国神話には様々な怪物が出てきます。馬の怪物も多くおり、様々な特徴があります。今回はそんな馬の怪物を集めてみました。

鹿蜀(ろくしょく lu4shu3 ルゥシュゥ)

鹿蜀は馬に似ており白い頭部を持ち体には虎に似た模様があり、一本の赤い尾を持つ怪物です。

鹿蜀は山海経の南山経に記載が見られており、”さらに東に三百七十里に杻陽山があった。山の南面から多くの銅が産出され、北面から多くの白金が産出された。山中には野獣がおり、その形状は馬で白色の頭部、体には虎のような模様があり尾は紅色であった。咆哮は人が歌を歌っているようで、名を鹿蜀と言った。人がその毛皮の衣服を着ると子宝に恵まれ、多くの孫にも恵まれるという。”とあります。




毛皮を着ると子宝に恵まれると言うことで古代ではよく狙われる存在であったことでしょう。

山海経南山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,1 五蔵山経南山経編

出典:baidu

矔疏(かんそ huan1shu1 フアンシュー)

矔疏は中国神話中の一角馬でで火を避けると言います。

山海経の北山経に記載が見られ、”さらに北へ三百里に帯山があり、山上からは玉石が豊富に産出され、山下からは青石碧玉が多く産出された。山中には野獣がおりその形状は一般的な馬のようで、粗く硬い磨石のような一本の角があった。名を矔疏と言い、人が飼うと火を避けることができたと言う。”とあります。

山海経北山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,3 五蔵山経北山経編

出典:baidu

旄馬(ぼうま mao2ma3 マオマァ)

旄馬は怪物と言うよりも普通の馬のことを指していると思われます。

山海経の海内南経には、”旄馬(ぼうま)、形状は普通の馬で四本の足の関節の上には長い毛があった。旄馬は巴蛇のいる場所の西北面、ひときわ高い山の南面にいた。”とあります。




山海経海内南経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,10 海内経海内南経編

出典:baidu

駁(ばく bo2 ボー )

駁は馬のようですが虎をも捕食してしまうと言う怪物です。

山海経の西山経には、”さらに西へ三百里に中曲山があり、山南陽面からは玉石を多く産出し、山北陰面からは雄黄、白玉と金属鉱物を多く産出した。山中には野獣がおり、形状は普通の馬であるが白い体と黒尾があり、角が一本で虎の牙と爪を持っていた。発する声は鼓を叩く音と同じで名を駁と言い虎と豹を食べた。飼うと兵器を避けることができたと言う。”とあります。

山海経西山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,2 五蔵山経西山経編

出典:baidu

蛩蛩(qiong2qiong2 チオンチオン)

蛩蛩は白い馬のような怪物です。




山海経の海外北経には、”北海内に野獣がおり、その形状は一般的な虎のようで名を騊駼と言った。さらに、駮という名の野獣がおり、白色の馬のようで鋸のような歯があり、虎を豹を食べた。さらに、蛩蛩という名の野獣がおり、白色で馬のようであった。さらに、羅羅という名の野獣がおり、青色で虎のようであった。”とあります。

また蛩にはコオロギと言う意味もあります。

山海経海外北経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,8 海外経海外北経編

出典:baidu

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク