計蒙:雨師の事を指しているとも言われる暴風暴雨を巻き起こす雨神

計蒙(けいもう ji4meng2 ジィモン)

計蒙は古代中国中の雨を司る神で、またの名を雨師(うし)と言います。龍頭、人身、鳥爪、腕には羽毛が生えています。手を奮い口を大きく開けて霧を吐き雨を起こします。《山海経。中次八経》には、”東に百三十里の日光山、その上には碧が多く、その下には木が多く、神計蒙が居る所でその形状は人身で龍首、常に漳淵にいる。出入りする際には必ず暴風暴雨がある。”とあります。

光山計蒙神は共工と顓頊の戦いの中に登場し、計蒙は顓頊軍に属しており共工を撃破するという活躍を見せています。




雨師は萍翳(へいえい)とも言い、中国神話中で最上位クラスの術者です。その術は涿鹿の戦い(たくろくのたたかい)でかの黄帝を敗北寸前にまで追い詰めています。雨師は別名を多く持っており、赤松子や屏翳、号屏、玄冥などとも呼ばれています。雨を操る神様は信仰の対象になりやすいので、ひと際注目される存在でした。

涿鹿の戦いの後、時は流れて黄帝の孫である顓頊が共工と帝位を争い戦いました。光山計蒙神はこの顓頊と共工の戦いの中に登場し、顓頊軍に属しており共工を撃破するという活躍を見せています。

雨師に関しては以下をご覧ください!

黄帝を苦しめた中国最凶の風神、雨神コンビ、風伯と雨師

共工に関しては以下をご覧ください!

水神共工:治水で民に尽くしそして山をも真っ二つに割ってしまう狂戦士

顓頊に関しては以下をご覧ください!

顓頊:黄帝の孫で中国古代の国家である華夏王朝の始祖。

  • 光山計蒙神

中国にある多くの山の中に光山がありました。光山の上には草木が繁茂し水源から豊富な水が湧き出していました。そこに計蒙と呼ばれる神仙が住んでいました。計蒙は人身ですが、竜のような顔をしており、常に漳水の中で遊んでいました。

言い伝えによると、計蒙が山中に居ないときには決まって狂風暴雨が起こってました。その他、驕山山上に単囲(たんい)という神仙が住んでいました。単囲も睢漳で遊んでいました。また、言い伝えによると単囲が山に居る時にはからだから光を放っていたといいます。その模様は羊に似て、爪は虎の爪でした。




中国には山神は数多く言い伝えられていましたが、名前がある神は非常に少ないです。計蒙のようにしっかりした名前がついている神は高い力量を持っているということを意味しています。

それぞれの山には入山に都合の良い時期、悪い時期があり時期を誤ると災いが降り注ぎます。基本的に、毎年三月と九月が入山の好機であり、中国の修道者はみなこの時期に選んで山奥まで入山します。この入山に適した時期には山の神々の力も強くなりますので、修道者はみな法術を用いて災いを避けたといいます。

出典:baidu

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク