夸娥氏(誇夸氏):中国神話中で山をも動かす怪力を誇る神の一族

夸娥氏(こがし kua1e2shi4 クアオーシィ)

夸娥氏(誇娥氏)は中国神話中の怪力を持つと言われている神で、《愚公移山》に記載が見られます。《愚公移山》に記載されている内容に以下の通りです。

太行、王屋この両山は周囲七百里で高さ七、八千丈あり冀州の南辺、黄河の北岸にあった。北山の愚公は齢90歳であり、大山の対面に住んでいた。愚公は山が北部を塞いでいることに苦慮しており、道を通す必要を感じていた。そこで一家を集めて相談して言った。「私はあなたたちと尽力して険しい山に道を切り開いて豫州の南部の漢水の南岸まだ道を通そうと思っているが、よろしいか?」それを聞いて一同は賛成した。しかし、妻は疑問を呈して、「あなたの力では魁父から小丘まですら平地にできないでしょう。それなのに太行、王屋をどうするつもりですか?そして掘り起こした土と石をどうするのですか?」と言うと、周囲にいた人々は、「渤海まで運んで捨ててしまいましょう。」と言った。そして愚公は子や孫の中から三人を連れて石を掘り起こし土を掘り渤海まで運んだ。近くに住む京城氏の寡婦に孤児がおり、歳は七、八歳で永久歯が生えてくる歳であった。その子が彼らの元へ来て手伝った。冬が去り夏が来て一年が巡り、さらにもう一年が経過した。

河湾にいた智叟は愚公を笑い、彼のやろうとしていることの邪魔をしようとして言った。「あなたは賢くない。あなたの残りの人生を考えると、山までたどり着けずに草木一本すら動かせないでしょう。また、泥土や石をどうするのです?」北山の愚公は嘆き、「あなたの心は頑固だ。頑固すぎて心を開くことが出来ません。そして孤児や寡婦にも及びません。私が死んでもまだ子供たちがいます。子供たちは孫を生み、孫はまた子供を産みます。そして子々孫々限りありませんが山はこれ以上高くはなりません。どうして平らに出来ないのでしょうか?」と言った。これには河曲智叟は言葉が出なかった。

蛇をその手に握っている山神がこの件を聞き、愚公が掘り終えていないことを気にかけ天帝に報告した。天帝は愚公の誠意に感じ入って怪力を誇る神の夸娥氏の二人の息子に命じて二つの山を背負わせ、一つを朔方の東部に、もう一つを雍州の南部に置かせた。この件より冀州の南部は漢水の南岸に直接到り行く手を阻む高い山は無くなったという。

  • 古い書物に見る夸娥氏

列子・湯問に愚公移山の寓話が記載されているため、この寓話は中国ではよく知られています。この寓話に出てくる誇娥氏は怪力を誇る神であり、列子以外ではこの夸娥氏の詳細が記されていません。夸娥氏の誇という字には、古代漢語では大きいという意味がありました。《説文解字》には、”夸は奢なり。”とあります。《広雅疏証》には、”夸とは大である。”ともあります。有名な神話である夸父逐日中の主人公の名である夸父は、身長が高い男性という意味にも取れます。

もともとは中国神話の体系は広大であったと思われますが、歴史の中で次第に失われていき断片が残っているだけに過ぎなくなってしまいました。夸娥氏の伝説もその一つで、現在では愚公移山の故事でのみ語られていますが、もともとは他にも夸娥氏の話は多くあり、他の神々や帝たちとの故事もあったと推測されます。

黄帝時代の代表的な神様には陸吾、英招、離珠、金甲神、蚩尤、風伯雨師、赤松子、力牧、神農氏、風后、応龍、魃、夸父、神夸娥氏、大庭氏、五龍氏などがいます。

出典:baidu

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク