禺疆:海神であり風神でありさらに疫病を運ぶ瘟神でもある人面鳥身の神様

禺疆(ぐうきょう yujiang ユージアン)

禺疆は古代中国の伝説中の海神、風神、瘟神(おんしん)であり、”禺強”や”禺京”とも書き、黄帝の孫とも言われています。瘟神とは疫病を運ぶ神であり、これには以下に書くように禺疆が起こす風が関係しています。

黄帝に関しては以下をご覧ください!

黄帝:中国の始祖であり古代神話中最大の功労者

海神禺疆は北海を統治しており、体は魚のようですが手足があり、二頭の龍に乗っています。

風神禺疆は”玄冥”と言い、顓頊の大臣でした。山海経によると形状は人面鳥身で両耳にはそれぞれ一匹ずつ青蛇をかけており、足の裏には二匹の青蛇を踏んでおり、北方を支配しています。

顓頊に関しては以下をご覧ください!

顓頊:黄帝の孫で中国古代の国家である華夏王朝の始祖。

瘟神禺疆は、禺疆の発生させる風が疫病を運ぶことに由来しており、禺疆の起こした西北風に遭遇してしまうと疫病に罹ってしまったため、西北風は古代の人々に”厳風”と呼ばれました。

  • 文献に記載されている禺疆

《山海経・海外北経》では、郭璞は注釈として、”禺疆あざなは玄冥”と言い、禺疆が玄という漢字と冥と言う漢字が合わさった神であり、蛇と亀が結びついた神としています。

これは一見すると意味不明な注釈ですが、玄冥とは実は四象の玄武の事を指しています。玄武は亀と蛇が合わさった見た目で、もともとの名前は玄冥でした。玄は黒という色を表す古い漢字で、冥は冥界の事です。玄冥は元々亀甲占いから生まれました。亀甲占いは甲羅を火にくべて甲羅の割れ方で吉凶を占いますが、この時玄冥が冥界に行き神託を受けて帰ってきて、甲羅を通して神託を伝えていると考えられていました。これにより、禺疆の蛇や亀に関する記述と玄冥の蛇や亀が結びくのです。ちなみに古い冥と武の読み方は同じであったと考えられており、これらの漢字が混同されて玄武となったと言われています。

《山海経・大荒経》には、”北極の神、名は禺疆で、霊亀を使いとして使っていた。”とあり、この一文により禺疆の亀神としての性格が増しています。

山海経に関しては以下をご覧ください!

山海経:中国の妖怪はここから来ている!妖怪のネタ帳として有名な山海経

玄武に関しては以下をご覧ください!

玄武:亀甲占いから生まれ玄冥となりさらに発展し真武大帝となった四象

霊亀に関しては以下をご覧ください!

霊亀:四霊の一柱でおめでたくて長寿の象徴である亀

  • 禺疆の伝説

《列子・湯問》には、以下のような故事が記載されています。

渤海の東方に洋々とした大海があり名を帰虚といった。帰虚の中には五つの仙島があり、それぞれ岱輿(たいよ)、員嶠(いんきょう)、方壷(ほうこ)、瀛州(えいしゅう)、蓬莱(ほうらい)と言った。これらの島は周囲三万里、高さ三万里、山頂の平らな部分の広さも千里という広さがあった。山と山の間の距離は七万里で、互いに隣り合っていた。島に住んでいたのは皆神か仙人であった。彼らは島から島へと飛んで移動していた。ただし、海島は漂っていたので波があると揺れてしまい、天帝は海島が西方の極遠まで流れていくことを懸念して仙人たちが住むことを禁止した。

しかし、海神禺疆はある方法を思いついた。禺疆は十五匹の巨大な鼈(すっぽん)を派遣して島を持ち上げさせ、島は漂わないように安定させた。巨鼈たちは三つの班に分かれて六万年ごとに別の班に交代して、島を安定させ続けていると言う。

  • 強姓の始祖

中国ではそれぞれの姓には始祖がおり、強という姓の始祖は禺疆であると言う説があります。《路史》には、”はるか昔の黄帝時代に、禺疆という黄帝の玄孫がいた。古の疆という漢字と強という漢字は通用字として用いられており、禺疆の子孫は疆の字を姓として用い、通用字の強も併用しており、最終的に書きやすい強姓となった。”という説が書かれています。通用字とは意味の同じ漢字を置き換えて用いることです。

  • 禺疆印

禺疆印は中国戦国時代の図形印で、禺疆の姿が印として用いられていました。印に彫られている形状は、人面鳥身の神人で二本の翼が生えており、両耳には蛇で両足は蛇を踏んでいる奇怪な姿です。これは山海経に記載されている北方の神人禺疆の描写です。

出典:baidu

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク