中国神話の奇妙な亀の怪物を集めてみた。怪亀特集1(蛫、三足鼈、亀蛙)

古代中国には様々な怪物がいたとされています。多くは想像上の生き物であったり、トーテム信仰により龍や鳳凰など様々な生き物のパーツから成る霊獣が作り出されたりしました。しかし、その多くは実在している、もしくは実在したと思われる種も多く、伝言ゲームのように人伝いに伝わり怪物のようになってしまった可能性もあります。

今回ご紹介する亀はモデルがいたのでしょうか。

蛫(き gui3 グイ)

蛫は古代中国伝説中の怪物です。

蛫の記述は山海経の中山経に見られ、”さらに東南へ二百里に即公山があり、山上からは黄金を多く産出し、山下からは【王雩】琈玉を多く産出した。ここの樹木は柳、杻(杏の一種)、檀、桑が最も多かった。山中には野獣がおり形状は普通の亀であるが、白い体に紅色の頭をしており、名を蛫と言い、人が飼うと火を避けることができると言う。”とあります。




山海経中山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,5 五蔵山経中山経編

出典:baidu

三足鼈(さんそくべつ san1zu2bie1 サンズゥービエ)

三足鼈は三本足のすっぽんで山海経にその記述が見られています。

山海経の中山経には、”さらに東南へ三十五里に従山があり、山上の至る所には松と柏があり山下には竹叢が繁茂していた。従水はこの山の山頂より流れ出て地下を流れ山下へと至る。水中には三足鼈が多くいた。分岐した尾を持ちその肉を食べると疑心病に罹らないと言う。”とあります。”とあります。

三足鼈は従山と言う山に生息しており、その肉には疑心病に罹らないという不思議な薬効があると言います。晋の郭璞はこの記述に対して、”鯀の死後に変わったという黄熊が三足鼈である。”と不思議な解釈を残しています。

鯀とは夏王朝を建国したという伝説の帝である大禹の父親ですが、四罪の一人にも数えられている怪物です。様々な伝説がありますが、死後に黄熊に変化したと言います。

鯀に関しては以下をご覧ください!

四罪(共工、鯀、三苗、驩兜):古代中国神話中の悪行を尽くし舜に断罪されてしまった悪神達

《庚巳集》には別の伝説が書かれており、”太倉民の家で三足鼈を得たので嫁に調理させた。食べた後寝るとしばらくして形状が変化して血水となってしまい、髪と耳を残して止まった。隣人は嫁が謀殺したと疑い役所へと訴えた。しかし、役所でも真実が分からなかったので、三足鼈をとってこさせ、嫁に前回と同様に調理させた。それを死刑囚に食べさせてみると牢獄に戻った後に夫と同じように変化してしまい、嫁は無罪であると判決を下した。”とあります。




食べると死ぬだけではなく、変化するという恐ろしい生き物です。

山海経中山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,5 五蔵山経中山経編

出典:baidu

亀蛙(きわ gui1wa1 グイワー)

亀蛙は山海経に一言だけ出てくる生き物です。情報が少なすぎて詳細は不明ですが、名前から亀か蛙であると思われます。

山海経の北山経には、”さらに北へ百里に繡山があり、山上には玉石、青い碧玉があった。山中の樹木の多くは栒樹であり、草の多くは芍薬(シャクヤク)、芎であった。洧水はこの山より流れ出て東へ向かい黄河へと注いだ。水中には鱯魚と亀蛙がいた。”とあります。

山海経北山経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,3 五蔵山経北山経編

出典:山海経

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク