禍斗:火焔を食べて炎を巻き起こす火神の助手

禍斗(かと huo4dou4 フオドウ)

禍斗は本来は中国南方の少数民族を指していますが、妖怪としても扱われており犬のような外見をしており火焔を吐きます。さらに火焔を食べる上に排泄物もまた火焔と言う危険極まりない怪物です。

禍斗は妊娠一か月後の母犬に流星の破片が命中することで生まれると言います。流星が当たるとお腹の中の子犬は普通の子犬として生まれず、禍斗として生まれます。禍斗が現れた場所には火災が発生し、禍斗を見ると火災の兆しであるとして古来より不吉な象徴と扱われています。

禍斗の全身は黒い毛でおおわれており、特殊な光沢を帯びています。少数の禍斗の尾の先端は分岐していますが、これを除いて個別の禍斗の外見には違いはありません。そして、火神の助手と言う仕事を全うし、火神が何らかの原因で離職した時は禍斗がその仕事を引き継ぎます。

禍斗は常に火災を伴っているので古代の中国では不祥の象徴となっていました。《山海経》には、”厭火国は滅蒙鳥の南面にあり、そこに住む人々は黒色で獣のような体をしており、彼らの口内から火が吐き出されていた。別の言い方をすると、厭火国は讙朱国の東面にあった。”と言いう記述が見られ、これは禍斗のことを書いていると考えられています。

山海経海外南経に関しては以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,6 海外経海外南経編

食事の必要がない時には禍斗はいつも南方海外の厭火国に集まっていました。この国家の名はすなわち禍斗に由来しています。

無腸国は厭火国の近くにあり、この中の人民は食べるものと排泄するものが全く同一であったと言います。これに因み、山海経の注釈者の一人である呉任臣は火焔を食べ火焔を排泄するという禍斗の食性は無腸国の人々に教わったのではないかと指摘しています。




禍斗は火神につき従い火焔を食べますので、犬が食べる一般的な食べ物である蜥蜴、昆虫、鼠のみならず、牛肉や豚肉すらを食べても味を感じないと言います。そして火神のみならず雷神が雷車で大地を巡遊しているときにも禍斗はその後方に付き従います。また、雷神が雷斧を用いると、これに合わせて町や村の中に大火を引き起こしてしまいます。この時、禍斗は火が燃え盛っている場所へと進み出てその火焔を飲み込み飢えを満たします。

雷神に関しては以下をご覧ください!

雷公:雷公、雷神(比較級)、雷王(最上級)、雷神の三段活用

火神に関しては以下をご覧ください!

祝融:中国神話中の赤帝で火を司り時代を超えて現れる火神

  • 禍斗の伝説

昔、呉堪という名の独り身の男がいました。県内で小吏をしており性格は恭順でした。家は荊渓に面しており、門の前には常に竹で作られたスガキが取り付けられており、飛び散る渓水を避けていました。毎日仕事から戻ると、決まって水の流れを見てその美しい光景を楽しんでいました。

数年の後、呉堪は偶然に水辺で白い螺を見つけ、家に持って帰り水の中で飼いました。これ以降、家に帰るといつも良い香りがし、食事の準備ができていました。隣に住んでいる母親に聞いてみると、呉堪が毎朝仕事に行った後、十七、八歳の軽やかな服装をした美しい女の子が食事を置きに来ているということでした。

呉堪は白螺の仕業ではないかと疑い、次の日に外に出たふりをして家の脇に隠れて様子を見ました。すると、女の子が呉堪の家の中から出てきて厨房に入りました。呉堪はすぐに出ていき挨拶をしました。その美女は、”上天はあなたが泉源を敬っていることを知っています。仕事もまじめで、またあなたが独り身であることに同情しています。そのため、あなたの家のお世話をするために私が派わされたのです。幸いにもあなたは真相を見て私の来歴を疑いませんでした。”これ以降、螺女は呉堪の嫁となりました。夫婦の間は固い絆で結ばれ、何も言わずにお互いがわかり心が通じ合っていました。




当時の県令が呉堪の境遇を聞くと、垂涎三尺でその嫁を奪い取ろうと思い謀略を使いました。そして、呉堪を召して言いました。”私は蛤蟆(がまがえる)の毛と鬼の腕が欲しい、今晩役所まで持ってこい、そうでなければ厳罰に処す。” 呉堪は家に帰ると愛妻に事情を説明しました。妻は呉堪に心配には及ばないと言い、門を出ていくとしばらくして呉堪のために二つの古怪な物を探し出してきました。

県令は再度呉堪を召して再び言いました。”私は禍斗が欲しい、お前はすぐに探してこい、さもなければ頭に大きな禍が起こるだろう。” 呉堪は家に戻り再び事情を説明しました。妻は今度も夫のために禍斗と呼ばれる怪獣を連れてきました。禍斗の見た目は犬に似ていました。呉堪はその怪獣を県令に送りましたが、この禍斗を見るや否や県令は激怒しました。”これは禍斗ではなく明らかに犬ではないか!”そして、この犬のどこが禍斗なのか問いただしました。

呉堪はこの禍斗は炭火を食べ、その排泄物は火がついていると説明しました。県令は真っ赤に燃えた炭を持って来させ、その犬に食べさせました。するとその犬は火を食べ終わった後、排泄物は火団に変わったのです。県令は怒り、”この物が何の役にたつ?”と言い呉堪を斬ろうとしたまさにその時、火焔が猛烈になり役所を炎で包んでしまいました。そして一陣の風が吹くと県令は火に包まれて焼け死んで最後は灰になってしまいました。

その後、呉堪とその螺妻はこの地から消えてしまい、人々は世の外の桃源へと言ってしまったのだ、と噂しました。

出典:baidu

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『禍斗:火焔を食べて炎を巻き起こす火神の助手』へのコメント

  1. 名前:アニメ好き名無しさん 投稿日:2018/01/02(火) 16:45:53 ID:8b181e9d7 返信

    中国の伝説の火を吹く犬というだけでそそる