長右:耳が四つあり水害を引き起こす恐ろしい猿の怪物

長右(ちょうゆう chang2you4 チャンヨウ)

長右は古代中国神話中の獣名で、《山海経・南山経》には、”獣がおり、その形状は猿のようで耳が四つあり名を長右と言った。その鳴き声は呻いているようで、見ると即ち郡県に大水が起こった。”とあり、長右は猿の見た目で水に関する怪物として言い伝えられてきました。

山海経に関しては以下をご覧ください!

山海経:中国の妖怪はここから来ている!妖怪のネタ帳として有名な山海経

南山経の翻訳文は以下をご覧ください!

山海経を読もう!No,1 五蔵山経南山経編




また、柜山という山から東南に四百五十里に長右山があった。山には草木は無く荒涼としていたが、水は豊富に涌き出ていた。その山中に見た目は猿に似ていて耳が四つもある野獣が住んでいた。名を長右と言った、という記述もあります。

その鳴き声は人が呻いているような低い声であり、近隣の郡県に長右が現れると決まって水害が起こると言いました。このため、人々はこの長右の出現を恐れていたと言います。

長右は長舌とも言い、猩々や挙父と同様に猿類に属しています。元々は長右と言う名は山の名前であり、この山中に住む怪獣に山の名前が付けられました。伝えられてるところによると、長右山は湖南雪峰山中断にあり、湖南中部と西部にまたがっており湖南の境を引く重要な山脈です。

この長右のモデルを推測してみると今の短尾猿ではないかと言われています。短尾猿は雑食性で野生の果物をよく食べています。山海経は様々な奇怪な生き物や人々が出てきますが、実在の種も見られています。

出典:baidu

下のリンクをクリックすると中国の神獣や妖怪をまとめたページへ移動します。

中国の神獣妖怪のまとめページ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク