【生物】電気ウナギの電気ショックの第三形態が発見される。通常の2倍の電気ショックを与えることが判明

電気ウナギは電気を発生させて獲物をしとめるだけの単純な生き物に思えるかもしれませんが、実際の機構はかなり複雑で、動物界でも最も注目すべき種の一つです。電気ウナギは獲物を捕らえる際の電気放電で電圧を変えて獲物の動きをコントロールしたうえでぱっくり食べてしまいます。以前、このグループは、とりわけ大きな獲物を捕らえるときに、より大電力を使用する特別なモードがあることを突き止めました。この時放電される電力は、アメリカの標準てきな壁のコンセントの電力のなんと5倍です。

以前の研究報告は以下の記事をご覧ください!

【生物】電気ウナギの電気は、獲物を痺れさせるだけではなかったという研究結果が報告された

2DE183D900000578-0-image-a-95_1446055549756

スポンサードリンク

バンダービルト大学の生物学の研究者であるKenneth Catania教授は、他の地域と隔離されてきた南米の生き物の生体を3年に渡って研究してきました。教授は、とりわけ電気ウナギがアマゾンやオリノコ川といった泥の混じった水の中でどのように電気の流れを利用して、隠れている獲物を見つけ出し、電気ショックで気絶させて捉えることに興味を持ちました。電気ウナギは体長2.4mで体重20kg程度にまで成長します。

電気ウナギは身体の2/3程度が電気細胞と呼ばれる特別細胞でおおわれており、電気を蓄えています。この電気細胞は、小型生体充電器とでも呼ぶことができ、この小さな細胞一つ一つに電気を蓄えています。電気ウナギが敵から襲われたり、獲物を捕らえようとしているときに、この細胞は最低で600ボルトもの電圧で放電を開始します。”歴史的には、電気ウナギは獲物を捕まえるときになりふり構わず電気ショックを与えているだけのの洗練されていない原始的な生き物だとみなされていました。”と、カターニア教授は語ります。

2DE183D300000578-0-image-a-96_1446055561618

”しかし、これまでの研究で、電気ウナギは放電をコントロールすることで、多くの複雑な能力を獲得していることがわかりました。”教授は、電気ウナギは大きな獲物や、攻撃的で反撃してくる獲物に対しては、電気ショックを二倍にするという特別な方法を用いていることを発見しました。電気ウナギの放電システムは基本的には獲物を麻痺させることに使用されます。また、カターニア教授は、以前、電気ウナギが3つの異なったタイプの放電を行っていることを明らかにしました。

一つ目は、電気ウナギは短い低電圧のパルスを放出しながら周囲を探知することです。二つ目は、獲物を攻撃する際や防御の際には2~3ミリ秒という短時間の高電圧パルスを発生さて攻撃します。一連の実験から、電気ウナギの電気ショックは、直接獲物の筋肉を麻痺させるのではなく、獲物の神経に作用して筋肉をコントロールしていることがわかりました。神経に作用することで、獲物は意図せず筋肉の収縮を起こしてしまいます。”私は、電気ウナギ以外に獲物の動きを文字通りコントロールしている生き物を他に知りません。”と、教授は語ります。
電気ウナギは通常は自分の周囲を泳いでいる小さな獲物に電気ショックを与え、獲物の筋肉収縮を引き起こすことで一時的に気絶させます。もし、電気ウナギが獲物を食べなければ、獲物は直に回復して安全な場所へ逃げ去ることができます。しかし、カターニア教授は、例えばザリガニのような大きな獲物を捕らえる際にはさらに大きな第二撃目を加えていることを見出しました。
2DE1A15C00000578-3293904-image-a-112_1446057162773

今回発見された三つ目の放電法は、電気ウナギはまず獲物にかみつき、かみついたまま身体をまるめ、その状態で高電圧のパルス間隔を短くしていくというものです。電気ショックは放電体に近いほど強力になるので、なるべく獲物を身体に近づけた上にさらにパルス間隔を短くして電気ショックの効果を高くするという合理的な攻撃方法です。さらに、電流は電気ウナギの頭部にある”陽極”からしっぽにある”陰極”へと流れますが、獲物に巻き付き陽極と陰極の位置を近くすることで、電場の強さをより強くして獲物への電気ショックを強くしているのだと、教授は考えています。教授は実験装置をデザインし、電力を測定してみたところ、獲物は通常の攻撃の2倍もの電気ショックを受けていることがわかりました。



スポンサードリンク

高電圧パルスはレーダーのようにも用いられます。隠れている見えない獲物の筋肉をより素早く強くコントロールし、獲物の動きを水の振動から探知します。”このとき、獲物は完全に麻痺します。”と教授は説明します。電気ウナギは獲物を捕らえる際に、2~3ミリ秒の間で高電圧を発生させますが、この高電圧の発生周期は非常に正確で、筋肉全体の痙攣を引き起こします。

”電気ウナギにとって大きな問題の一つは、今いる場所で獲物を見つけることです。なぜなら、彼らが住むアマゾン川は泥水でおおわれて不透明な上に植生が豊富で、小魚にとっては隠れ場所が数多くあります。そのため、電気ウナギは川底を動きながら、高電圧パルスを数回放出します。もし、獲物がいれば、筋肉の痙攣で水が振動し、獲物の存在に気づくことができるのです。”と、教授は説明しました。

2DE1935000000578-3293904-_One_of_the_eel_s_

”電気ウナギの目はあまりよくありませんが、水の振動は非常に繊細にキャッチできますので、水の振動で獲物の位置を知ることができるのです。”教授は、高電圧パルスを獲物の動きを探るための高性能のレーダーシステムとして利用していることを突き止めました。”この高電圧パルスは、攻撃用としてもセンサー用としても利用できるので、もはや電気ウナギがただやみくもに電気を放出しているだけの原始的な生き物だとは言えません。”と、教授は結論付けました。

出典:dailymail

あわせて読みたい!

【生物】電気ウナギの電気は、獲物を痺れさせるだけではなかったという研究結果が報告された

【医学】マジックマッシュルームと天才性に関する研究

【生物】鳥の祖先が5000万年の間に巨大な恐竜から小型の鳥までどのように小さく進化したのか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク