【世界遺産】東洋と西洋をつないだ世界遺産、シルクロード

シルクロードは2014年に世界遺産登録されました。一般的にシルクロードと言えば、中国とヨーロッパをつなぐルートを指し、陸路だけではなく海路も含まれています。

300px-Silk_route
  • 世界遺産登録の範囲と登録理由

2014年にユネスコの世界遺産に登録されたシルクロードはシルクロード全体の一部で、中国と、カザフスタン、キルギスにまたがった地域のみです。正式名称は「              Silk Roads: the
Routes Network of Chang’an-Tianshan Corridor:シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」で、中国22件、カザフスタン8件、キルギス3件の合計33遺産群から構成されています。つまり、世界遺産として登録されているシルクロードは道ではなく、シルクロード沿いに点在する様々な遺跡群が世界遺産として登録されているのです。

中国から西洋への主な交易品は絹であったことからシルクロードという名前が付けられました。シルクロードは古くから東洋と西洋をつなぐルートでした。海路も入れると数多くのルートがあり、中国の絹は遠くアフリカにまで届けられました。

Km14901L

航海技術が発達する以前では、東洋と西洋を行き来するのは非常に困難でした。どのルートも困難を極めましたが、比較的行きやすかったのが中央アジアルート、すなわち長安から天山回廊を抜け、カスピ海南部へと到達するルートでした。行きやすいと言っても、広大なゴビ砂漠を通る必要があり、旅は命がけでした。しかし、多くの人々がこのシルクロードを通り、東洋と西洋をつなぎ、知識や文化の交流を行いました。

シルクロードは、ユーラシア大陸において、東洋と西洋との交流に重要な役割を果たしたとして、世界遺産に登録されました。

  • シルクロードのここが魅力

世界遺産に登録されているのは、中国の長安からゴビ砂漠の西端にあるキルギスまでゴビ砂漠一帯に点在しています。ユネスコに登録されているシルクロードの総延長は約8,700kmと長大ですので、全ての遺跡を回るにはかなりの期間がかかります。遺跡も、城から関所、石窟寺院などの宗教施設と多様です。シルクロードを観光する場合には、あらかじめ見たい遺跡を選んでおくといいでしょう。日本の映画にもなった、敦煌は、ゴビ砂漠の入り口、西安の近くにあり、重要な交易中継点の一つでした。

また、ゴビ砂漠周辺は、砂漠と言っても交易の中継地点でしたので、古くから文化が栄えており、人種も東洋というよりも中央アジア、中東の人々に近くなっており、宗教も中東の影響を受けて現在ではイスラム教が盛んな地域が多いです。この砂漠一帯にあるシルクロードの遺跡群からは、様々な歴史の一端を垣間見ることができ、古い中国の歴史や中央アジアの歴史が好きな方には、是非ともおすすめしたい世界遺産です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク