エリア51秘密軍事施設の近くでUFOが出現か!? アメリカ ネバダ

航空機の乗客たちが、エリア51の秘密軍事施設付近で明るく輝く球体のUFOを目撃し、写真に収めていたことがわかりました。目撃者は、カリフォルニアのサンジョゼから、テキサスのヒューストンへと向かう途中の機内で、ネバダの砂漠に金属質の巨大な円盤の一連の写真が撮られていました。写真を撮った方は、10月30日にこの輝く物体が砂漠上に見えたとき、ちょうどルーニンとガブスの近くを飛んでいたと語りました。

2EC3C5A400000578-3332099-The_092

スポンサードリンク

この匿名の男性は、自身の目撃情報と写真をアメリカのUFO調査ネットワークに報告しました。しかし、多くの人々は、その付近の太陽光発電パネルからの反射であると指摘しています。

2EC3C58800000578

”私は大きな銀の円盤を砂漠の真ん中で見ました。この円盤は光輝くオーブを放っていました。この円盤は、目のくらむような沢山の強い光を出していたので、急いで携帯電話を取り出し電話が壊れるまで写真を撮り続けました。ほかの乗客はこの光について気にしていないようでした。家に帰り、多くの航空会社の職員に尋ねてみましたが、尋ねた全員からこのような光は見たことないという返答を受けました。最初、私も衛星か何かかと思いましたが、どうにも納得がいきません。私が見たものはいったい何だったのでしょうか。”

2EC3C5C100000578-3379
2EC3C5B500000578-33470

スポンサードリンク

彼は、機長も乗客もディスクが見えている間も、見えなってもその円盤について何も触れませんでした。アメリカ政府は、2013年に初めてネバダ砂漠の南部に立ち入り禁止の軍事施設があることを認めました。

2ECA60D000000578-530

有名なUFO目撃情報サイトであるUFO Sightings Dailyの編集者、スコット C ウェアリングは、”この円盤の編隊は、UFOの着陸態勢に見えます。ギャビーはエリア51から南西に140マイルです。今回の目撃者はこのエリアで隠れていたUFOを目撃したのでしょう。この金属の表面が出る時間は短く、普段は風景に溶け込むようカモフラージュされています。このカモフラージュ技術は様々で、雲や透明などあります。今回の写真は、UFOが風景に溶け込もうとした場合のものでしょう。”と説明しました。

2EC3C5C900000578-3332099-The_w8937717

今回の目撃情報に関して、相互UFOネットワークは未解決としています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク