エイリアンのようなクリーチャーの死がいが見つかる。アメリカ カリフォルニア

とある女性の家の裏庭このピンクのぬるぬるしたクリーチャーが見つかり、ネット界隈でにわかに騒然となっています。この写真は最初、Facebookに投稿され、この写真を見た人たちは、これは一体何なんだ、と大論争を巻き起こしています。

2E45DC2E00000578-0-image-m-74_1447088526655

スポンサードリンク
”エイリアン”や”フェイスハガー”などの冗談交じりの憶測が飛ぶ一方で、単純に部分的に成長した動物の胎児ではないか、という意見もあり、ここ数日話題沸騰中です。この写真を投稿したのは、カリフォルニアに住んでいるジャンナさんです。彼女自身もこのクリーチャーが何なのか興味津々です。

”昨晩、11時半に何かの叫び声が聞こえ、裏に出てみるとこれを見つけました。このクリーチャーは見つけたときには死んでいました。”と書き込まれていました。Facebookに投稿された後、Redditにも投稿されました。そしたら、多くのユーザーたちからこのクリーチャーが何なのかに関しての書き込みがありました。

Redditユーザーの一人は、”明らかにエイリアン”と答え、別のユーザーは”間違いなくフェイスハガー”(リドりー・スコット監督のエイリアンに出てくる人の顔にしがみつくクリーチャーの名前)だと答えました。そのほか、”何だかわからないけど、とりあえずその土地から運んだあとには、塩を巻いたほうがいい、ろくなことはなさそう”、と率直な感想が書かれていました。


スポンサードリンク

しかし、ほかのユーザーたちはより深く考え答えています。鹿の完全な胎児の写真と比較しながら、”これは半分になった鹿の胎児です。もう半分は、他の動物に食べられたのでしょう。この鹿の胎児の写真の後ろ側半分を切り取り、鼻の部分を取り除くとそっくりになります。”と答えたユーザーもいれば、”有蹄類は傷ついたらパニックになって羊膜腔や胎児を産み落とすことがあります。もしくは、産んでいた途中でしょう。どちらにしろ、今日の食事ですね。”と答えた人もいました。

出典:dailymail

あわせて読みたい!

【UFO】秘密に最も近かった男、オバマ大統領の元顧問がUFOの秘密を暴露できずに無念の退任

【宇宙】冥王星の衛星であるカロンに海があり生命がいた可能性がある。カロン表面の巨大な亀裂から推測。

【宇宙】とある元NASA職員の告白。火星で人が歩いていたのをバイキングから送られてきた画像で見た。

【UFO】宇宙人はいいやつだった!エリア51で働いていた科学者が宇宙人はいいやつだったと証言

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク