【人類の歴史】アフリカを出た人類は最初にヨーロッパではなく中国へ向かったことが判明

今回、中国南部で発見された47個の人類の歯は、それまで考えられていたアフリカを飛び出した後の人類移動の歴史を大きく塗り替えるものでした。科学者たちは、中国湖南省道県で発見された歯は、最低でも80,000年前に生きていた現生人類のものであることを突き止めました。これま、これまで考えられていた人類が中国に到達した60,000年前よりも20,000年早いことがわかりました。
2D69C76900000578-0-image-a-1_1444841786424

スポンサードリンク

この発見は、現生人類が中国南部に到達した時期は、中国北部及びヨーロッパへ到達した時期よりも早かったことを示唆しています。これまで、中国南部の更新世(12,000~126,000年の期間)の現生人類の遺跡や出土品は数が少なく今回の発見は非常に貴重です。

大多数の科学者は我々の祖先は190,000~160,000年の間に東アフリカに現れたと信じています。出現後、イスラエルのEs SkhülやJabel Qafzenといった人類の遺跡調査から大体80,000~120,000年前にアフリカから全世界へと広がっていったと考えられていました。しかし、これらの遺跡の標本を研究すると、現生人類の形跡を残してはいるが、現生人類とは完全に一致するものではないことがわかっています。”この調査結果から、アフリカを出たはいいが、移動に失敗し、結果アフリカ大陸の周辺部に定着してしまったと考えられていました。従って、現生人類は中東というヨーロッパの入り口に留まり、ネアンデルタール人達が住んでいたヨーロッパに移動するまでに50,000年程度の期間を要したと考えられます。”と、中国の調査チームの一員のジョゼ氏は語ります。我々の祖先は最初に東に広がり、アラビア半島を経由して60,000年以上前に南アジアに進出したという理論が成り立ちます。

2D69C76D00000578-0-image-a-3_1444841797026
2D69CC8D00000578-0-image-m-4_1444841804142

45,000年以上前の十分に年代特定ができていて、保存状態の良い標本の特徴を観察すると、現生人類と明確につなげることができます。中国南部、道県の福厳洞窟からは、47個の人類の歯の遺物のみならず、現在も生きている哺乳類のみならず絶滅してしまった哺乳類の骨も見つかっています。北京の古人類学と古脊椎動物学研究所のWuLiu氏と、マリア氏とXu-jie Wu氏は、歯の年代は80,000年以上前のものであると突き止めました。”歯は保存状態がよく、尖った形状まではっきりと残っています。”と、科学雑誌、ネイチャーに投稿した論文執筆者のエクセタ大学のロビン・デネル教授は語ります。”47個全ては疑いなく現生人類のものです。そして、ここに住んでいた人々は中国北部に住んでいた現生人類に比べてわずかに原始的でした。”

科学雑誌、ネイチャーに投稿された彼らの研究では、人類は120,000年ほど前に中国南部に移り住んだ可能性を指摘しています。加えて、周囲で見つかった動物の骨や歯は典型的な後期更新世の特徴を備えており、放射性同位体測定から得られた年代に加えて、これらの動物と人類が同時期に生きていたことの傍証となっています。

2D6C44E000000578-3272780-image-a-21_1444863411720
2D69C77500000578-0-image-a-10_1444841861036
2D69C77900000578-0-image-m-9_1444841855902
後期更新世に生きていたアジアやアフリカといった地域の現生人類たちと比べて、これらの歯は若干小さく、後期更新世のヨーロッパ人や現在の人類に近いものでした。”これらの歯は形状を分析して現在生きている人類に属していることは明白です。ポイントはその年代です。”と、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのマリア博士は語ります。”全ての遺物は方解石の地面に埋まっていました。まるでお墓に埋葬されていたようです。従って、歯よりもその上に敷かれていた方解石のほうが後に乗せられたものだと考えられます。”
洞窟上部にある石筍のウラン系列年代測定を行うと80,000年と同定されます。デネル教授は、”中東を起点として最初の移動は北よりも東で、それは北は気温が氷点下になるので、生物の性質として暖かい東を選択したと言えます。”と付け加えました。


スポンサードリンク

研究によれば、完全に現生人類の特徴を兼ね備えたのは現在の中国南部で30,000~70,000年の間であり、ヨーロッパおよび地中海東部地域よりも早い段階であったことも示しています。また、研究者たちは、ヨーロッパや中国北部への進出が遅れたのは、ネアンデルタール人の存在があったためであると推測しています。

“研究を終えた帰途では、忘れられないくらいの大激論と、アフリカを出てからの後の人類の足取りの可能性についてのブレインストーミングがありました。”と、デ・カストロ氏は語ります。”おそらく、数百年、数千年間にわたる孤立と、厳寒の冬によりネアンデルタール人たちは衰えだしたのでしょう。その時に人類がネアンデルタール人達の生存領域をゆっくりと時間をかけて乗っ取ったのでしょう。”

2D69FE2D00000578-0-image-a-11_1444843617347


あわせて読みたい!


【人類の起源】4万年前の人類のDNAにはネアンデルタール人のDNAが大量に含まれ、異種交配していたことが明らかになる

【生物】ネアンデルタール人は東アジアに住んでいた人類と長い期間異種交配していた

ネアンデルタール人との異種交配が行われ始めた時期が明らかになる。4万5千年前の人類の遺伝子配列を解析して判明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 塩せんべい より:

    全てヲアフリカからと思う事自体宇宙人の思う壺