【動物】家に来るカンガルーに餌をあげていたらカンガルーと仲良くなれた。

カンガルーヒルトンへようこそ。ここはぴょんぴょんとびはねて来る限られたゲストしか入ることのできない場所です。クィーンズランドのサンシャインコーストにあるこの家は、5世代のカンガルーがゲストとして訪れてきました。リンダさんとグラハム・ヒルさんはこの家に20年住んでおり、ずっと野生動物に餌をあげています。
2654FAFC00000578-2980409-image-a-21_1425533909479

“私たちの家は、小さな保護区みたいなものです。草や食べ物。水や安全があります。”とリンダさんは話します。”日中は彼らは出かけて行き、午後になると餌を食べに帰ってきます。時々は一日中木陰で寝てたりして過ごします。午後に座ってカンガルーを観察していると、まるで犬や猫のようです。”二人は水の入った器と餌を毎日与えてペットのように接しています。今ではカンガルーヒルトンは最初の二倍ほどの大きさになりました。

2654A9BB00000578-2980409-image-m-10_1425531586743
2654FB0800000578-2980409-image-a-22_1425533930893
2654FB0000000578-2980409-image-a-23_1425534025479

スポンサードリンク

“私たちはここに来るカンガルーすべてに名前を付けています。”と、リンダさんは言います。彼女たちはよく休んでいたり、餌を食べているカンガルーたちの写真を撮っています。これらの写真はオーストラリアカンガルー愛好団体のFace Bookのページでよくシェアされています。カンガルーたちは、この10エーカー程の憩いの場に数年前から来るようになりました。この隣には、コアラや鹿用の場所もあります。

Australian Society for Kangaroos

2654FB0400000578-2980409-image-a-24_1425534067870
2654704800000578-2980409-image-a-20_1425532022509
2654704E00000578-2980409-image-m-19_1425532013949
“オーストラリアの動物園があるので、この場所には観光客は入れていません。カンガルーたちは野生で、ここにいるだけです。彼らがなつくまで何年もかかりました。今ではすっかり仲良くなり、よく頭をなでています。”
2654FAF400000578-2980409-image-a-25_1425534109710

“写真のカンガルーの家族はここが気に入ったようで、ずっとここにいます。”彼女たちは、けがや病気にかかったカンガルーたちを看病したりもします。”私たちはオーストラリアの動物園の野生動物病院に電話して、獣医が診察に来て、症状がひどい場合は病院へ連れて帰り治療します。ここにはカンガルーにとって最高の住みかで、彼らが居心地がいいように常に気を配っています。”と彼女は語ります。

出典:dailymail 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする