【中国の反応】山東省の美しすぎる焼き芋売りの女性。白血病の兄の手術費用を稼ぐために焼き芋を売る。

2014年12月1日、山東省済南市の今年22歳になる王鮮紅さんは、美しすぎる焼き芋売りの女性として話題になっており、三輪車に乗り済南市内を回り焼き芋を売っています。

三輪車には”白血病で苦しむ青年に愛の手を差し伸べてください、”の文字が書かれています。

2841_519310_271446

12月1日、この日は山東省済南市の師範路から済洛路にかけての路地で王さんは焼き芋を売っていました。この日気温は急激に落ち込み、外の気温は2度前後でした。冷たい風の中、王さんは白血病の兄の助けを求めて焼き芋を売りました。

2841_519314_142912

92年生まれの”焼き芋妹”、王鮮紅さんは棗庄台儿庄区に住んでおり、2013年7月以降、この地の診療所で看護師をしていました。11月に仕事を辞め、兄の面倒を見るために済南市にやってきました。最近は父と共に芋を焼き、父が兄の面倒を見ている時に”焼き芋妹”は街で焼き芋を売ります。

2841_519317_779387

焼き芋を売るようになって、毎日5時前後に起きて芋を焼き、8時ごろに街に出て焼き芋を売ります。寒い風の中、一日中仕事をし、夜の7時ごろ家に帰ります。毎日大体180-200元稼ぎます。午後になると早朝自分で作ったパンケーキを食べます。

2841_519313_635495
子供の病気と手術費用を聞いて、父は自分の腎臓を売って手術費用を工面することも考えました。”手術費用の見通しはまだ立っていません。腎臓を売りに行きたいのですが、聞くところによると腎臓一個は2万元程度にしかならないようです。しかも、腎臓を売った後ではもう精力的に働くことは出来ません。”と、切実な心境を吐露します。

2841_519312_945274
娘は父が腎臓を売ろうと考えていることを聞き年老いた父の体を心配し、家族を支えるためにここ済南市にやってきました。”この寒い日のこの時間になっても、ご飯も食べずに外にいるのです。”と、娘のことを話す父の顔は悲痛に満ちていました。娘も兄の病気のことを話すと涙を隠すことが出来ません。

2841_519315_735342

“焼き芋妹”の兄、明達さんは今年25歳で、2010年に軍に入隊しましたが、2012年除隊しました。2014年1月6日、明達さんは長く交際していた女性と婚約しました。そのときが幸せの絶頂でしたが、運命のいたずらかすぐにどん底に落とされました。

2841_519311_231344

2014年に入院し、以来明達さんはずっと済南市の病院で治療を受けています。4月には中華骨髄バンクから適合する骨髄があるという連絡を受けましたが。手術費用が足りずに手術が出来ませんでした。これまで治療費として30万元以上かかっており、手術にはさらに30-40万元が必要です。さらに、手術後の治療費として70-80万元が必要です。

出典:news.sina.com 

中国の反応


1. 中国朋友
強い女性だ、応援する。これで社会的な関心が集まり手術費用が集まればいいのだが。


2. 中国朋友
頑張れ!人生つらいことも多いけど、お兄さんの健康が回復することを願っています。


3. 中国朋友
助けない。保険を買っておくべき。それで解決できたから。自業自得だよ。(四川人)


4. 中国朋友
↑おい、四川人!この前の地震でどれだけ多くの人が助けたと思っているんだ。恩を忘れるな!


5. 中国朋友
↑保険を買っていたら地震で死ななかったとでも言うの?


< b>6. 中国朋友
↑まあ、確かに保険に入っておくのは大事だね。


7. 中国朋友
体の一部を売るのは中国独特だよな。


8. 中国朋友
綺麗な目をしている。


9. 中国朋友
これは果たして本当の話なのだろうか?金の話が出ると思わず疑ってしまう・・・。

あわせて読みたい!

【中国の反応】ビニール袋にパンパンに詰めた天然ガスを三輪バイクの後ろに乗せて運ぶ

【中国の反応】雲南省の”早婚村”で13歳の花嫁が16歳の花婿に嫁ぐ

【中国美女図鑑】中国美人女子大生特集、大学の校花たちの写真集4

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク