【芸術】ノートから飛び出すキャラクター達。線と影を使って3Dのような立体に見える絵を描く。

アーティスト、João A. Carvalho (別名J Desenhos)氏のスケッチは一度見ると思わず目を疑いたくなります。氏の作品は、鉛筆で影を描くことで三次元的な立体を表現することに加えて、線を波打たせることで、さらなる立体感を出すことに成功しています。この空間を把握する感覚は素晴らしいの一言に尽きます。絵は努力しだいで上手くなるものですが、こういった感覚はなかなか培えるものではありません。素晴らしい才能をご覧ください。絵がノートから飛び出して見えますが、立体感が非常にリアルに感じることがわかります。

3bca66c35fe8f1416287b6f34b67be25_650x

18540b9ee130b2b2f5432a6a1ec0f48d_650x

a63c5477be8323989364884a75461e3d_650x

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク