【悲報】コアラが警察に逮捕されるが、手錠がかけられないうえ署内のアイドルになってしまう

オーストラリアのコアラ逮捕事件

オーストラリア、シドニーのキャンベルタウンで、朝の2時にコアラが出現し、交通が大混乱するという珍事が発生しました。コアラは警察により逮捕され、警察署に護送されました。そのときの写真がニューサウスウェールズの警察犬課の課員によりFaceBookに投稿されました。
1415581099518_wps_6_About_2am_Sunday_morning_

対応に当たったバリー巡査長は、コアラが道路を横切っており大変危険な状態であり、コアラを追跡するためにコアラの後を追いました。追跡中には周りからおびただしいクラクションと声が上がりましたが、合流したキャンプベルタウン警察の追跡により、最終的にコアラは逮捕され護送車に乗せられました。上の写真は護送車中のコアラで、手錠と共に写っています。

ニューサウスウェールズ警察犬課のアダム・ジョンソン警視正 は、部下が二匹の警察犬を連れてパトロール中に、道にコアラがいるのを見つけ、もし部下が飛び出してコアラを捕まえなければコアラは逃げていたことでしょう、と語りました。
“部下は地元警察に応援を要請し、護送車に載せた後、オーストラリア英国動物虐待防止協会(RSPCA)にどうすべきか連絡しました。手錠の写真はジョークです。いつも厳しい状態にさらされる警察ですが、今回は心温まる現場でした。”
1415581112880_wps_7_About_2am_Sunday_morning_


RSPCAはコアラをキャンプベルから離れた安全な場所で放してください、とアドバイスしました。その後、コアラは警察署と手錠を後にし、自然に帰されました。 FaceBookには2000を超えるいいね!と何百ものコメントが寄せられていました。

コメントには、

“これはいい話ですね、いたずらっこのコアラが逮捕の際に抵抗しなかったことを望みます。” 

“可愛い!無事に自然に帰されて嬉しいです。”

“コアラにとっては大変な夜になりました。”

等のコメントが並びました。

出典:dailymail

あわせて読みたい!

【悲報】コアラが警察に逮捕されるが、手錠がかけられないうえ署内のアイドルになってしまう

【動物】オーストラリアに雪が降ったときのカンガルー達のリアクション

【中国の反応】三つ子のパンダの赤ちゃんが産まれてから100日までの成長記録

【動物】保護されたカモノハシが人間になつく。お気に入りはお腹こちょこちょ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク