【中国】遼寧省盤錦の秋の風物詩。真っ赤に染まる紅海灘

2014年10月8日、毎年初秋になると、紅海灘が赤く染まり始めます。まるで水面一面が赤い絨毯で覆われたように、もしくは真っ赤な絹の錦を纏った様に変わります。浜辺の草の作り出す景観です。南方では見ることの出来ない光景には、一見の価値があります。

2841_506088_636502

海が遠浅に広がっていることがこの景観を作り出す第一前提です。さらに付近からにじみ出るアルカリ成分と、海の塩分と交じり合うことが赤く染まる条件です。生えている植物は中国名で碱蓬草というアカザ科マツナ属の草で、翅碱蓬(チィジエンポン)といいます。

2841_506087_612657

翅碱蓬は生命力の大変強い草で、毎年3月から4月に芽を出し、海面はだんだん赤く染まり始め、9月ごろに最も赤く染まります。

2841_506085_166304

盤錦紅海灘は遼河の河口の両岸に30キロに渡って広がっています。

2841_506086_985099

2841_506084_221157

紅海灘はここです!

出典:.news.sina.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク