【芸術】ウール戦隊シープマン?レインボーな羊の群を作ってみた

羊といえば、主義主張がなく、主流の意見に流されやすい大衆のシンボルとなっていますが、Gray Malin氏によるドリームシリーズでは、自己主張の強い羊達になってしまっています。ロサンゼルスを拠点に活動する写真家のマーリン氏は、オーストラリアの大自然の中で、虹色の羊達の写真を撮りました。
大多数の写真家は、より美しいものを撮ろうと大自然の中に入って行きましたが、マーリン氏は触れることの出来ない自然の美しさを、何か別の人工物で表現して、同様に美しく出来ないであろうか?と考えました。この写真は、その表現の一つで、羊達に色をつけることで、それぞれの個性を出し、緑、青、赤、黄、ピンクと戦隊もののような、マーブルチョコのようなシュールな写真に仕上がっています。

621721e1513aeab0dc00c1bdb369026f_970x
6220efca9e23a8dd16ad7d872c1f305e_970x
9ade053ce48ec339a423bc8968ca0388_970x
305bb47cec34a8c680931862cbba896a_970x
171b07094ade9ff7021dd13b5af27bbc_970x
513846cb1c75e4eb908d6ba46a98f131_970x
944d8b8bc8eec7272d73338c1a8a3e05_970x
345a6a36307d2c540eb1c348c7500ba3_970x
bc41d7073697f02ebcb8034c282a476f_970x
660c30dfaf3bd601679b1a84f4dbd331_970x
efc0db30ca66a483bb39ec4f4a51321a_970x
6b18885c74c4143edc224e6d0c1d025e_970x
マーリン氏は、スコットランドの昔話にある、ある羊飼いがいつも羊を盗まれていたので、盗まれないように羊に色を塗った、とういう話を聞き、この企画を思いつきました。その後、このイメージを膨らませて人を包み込むようなイメージと、自然の色を沢山見せることを念頭に色付けしました。”この仕事の意味は、私にとって人生の夢はかなうということで、この写真で最も伝えたいことは、見る人にそれぞれの群から抜け出し夢を追いかけるという気持ちを掻き立てさせることです。夢の実現は不可能だと思っている人みんなへ伝えたいです、それは可能だと私が証明します。”
マーリン氏のサイトで購入された絵の20%はMake-a-Wish基金に寄付されます。

出典:news.distractify.com

マーリン氏のサイトへのリンクです。

http://www.graymalin.com/spotlight-dream

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク