【鉱物】不思議で美しい魅惑的な鉱石の写真集

このような鉱物が自然界でどうやって形成されたのか、という疑問を持つような美しい鉱物の画像集です。綺麗な写真に思わず魅入ってしまいます。

同心円状に亀裂が入っている木の化石のオパール Opal 組成:SiO2・nH2O

treeopal1-934x
treeeopal2-934x

スポンサードリンク

オパールは熱水に溶け込んだケイ酸(シリコンの酸素化合物に水がくっついたもの)が、火成岩や堆積岩の隙間に溜まって出来たり、アンモナイトなどの貝殻や動物の骨等とケイ酸が置き換わったりして出来るケイ酸の鉱物です。遊色効果を持つ鉱物としても有名で、虹のような様々な色が表面に出ています。

灰クロム柘榴石 Uvarovite 組成:Ca3Cr2(SiO4)3

289-934x

灰クロム柘榴石(かいくろむざくろせき)はクロム鉄鉱の表面から産出されます。結晶系は等軸晶系で緑色の十二面体の結晶です。クロムを含んだ緑色のガーネットです。

蛍石 Fluorite 組成:CaF2

tumblr_mhr2hp4ZVI1rxoqr2o1_1280-934x

蛍石(ほたるいし)は工業的に重要なフッ素の原料で、加熱すると発光します。希土類の金属を含むものは紫外線を当てると緑色に光ります。結晶系は等軸晶系です。

菫泥石(きんでいせき)Kammererite 組成:(Mg,Fe)5Al(Si3Al)O10(OH)8

430-934x

菫泥石は緑泥石のアルミがクロムに置き換わって赤紫色に発色した鉱物です。

長石上の赤鉄鉱(Fe2O3)とルチル(TiO2) Hematite, Rutile, and Feldspar

526-934x

赤鉄鉱(せきてっこう、ヘマタイト)は地上に沢山ある鉱物で鉄の原料です。三方晶系ルチルは酸化チタン(TiO2)の三つある結晶系のうちの一つです。酸化チタンの結晶系の内、アナターゼ型の結晶は、最近よく聞く光触媒として利用されています。

りんどうウラン石 Torbernite 組成:Cu(UO2)2(PO4)2 · 8~12H2O

98afd0-934x

りんどうウラン石はウランを含んでいるため、放射能を持つというちょっと怖い印象ですが、人体には大した影響はないレベルです。

斜開銅鉱 Clinoclase 組成:Cu3(2+)(AsO4)(OH)3

723-934x

斜開銅鉱(しゃかいどうこう、クリノクレース)は放射状に広がる形状を持った水色の美しい結晶です。ヒ素を含む銅鉱床で産出されます。

白い重晶石BaSO4の上に出来た褐鉛鉱(バナディナイト)の結晶 Vanadinite crystals on white Barite 組成:Pb5(VO4)3Cl

820-934x

バナディナイトは結晶系は六方晶系で、六角柱状の真紅の結晶です。組成のうちバナジウムがリンに置き換わった鉱物は緑鉛鉱(Pb5(PO4)3Cl)、ヒ素に置き換わった鉱物(Pb5(AsO4)3Cl)はミメット鉱と呼ばれます。

卵の化石?これはオパールの中心部分に穴の開いたいわゆる晶洞です。Opal geode 組成:SiO2・nH2O

tumblr_mffvyy3b6g1rmp884o1_1280-934x
tumblr_mffvyy3b6g1rmp884o2_1280-934x

丸いオパールの中心部分が空洞になり色が変わったものです。

白いハイドロマグネサイト(Mg5 (CO3)4(OH)2・4H2O))上にできた青いカラガナイト(Cu2Mg2(CO3)(OH)6・2H2O) Blue Callaghanite on white Hydromagnesite

1124-934x

カラガナイトはマグネシウムと銅を主体とした結晶です。深い青色が特徴の珍しい鉱物です。

銀色の輝安鉱(Sb2S3)と重晶石(BaSO4) Silver Stibnite with Barite

1219-934x

輝安鉱(きあんこう、スティブナイト)は、アンチモナイトとも呼ばれる硫黄の化合物で硫化鉱物です。結晶系は斜方晶系でアンチモンの原料として利用されています。重晶石(じゅうしょうせき、バライト)は、硫酸バリウムの結晶で、結晶系は斜方晶系です。板状の結晶が集まってバラの花のように見えるものは砂漠のバラとも呼ばれています。

胆礬(たんばん) Chalcanthite 組成:CuSO4・5H2O

1318-934x
胆礬(たんばん)は硫酸銅に水分子が5つくっついて結晶化した鉱物です。加熱により水分子を飛ばすことが出来、水分子がなくなると白い粉末になります。結晶系は三斜晶系です。

カルパチア石 Karpatite 組成:C24H12

1418-934x

カルパチア石は炭化水素のコロネンの結晶であり、
結晶系は単斜晶系の黄色い針状結晶です。紫外線を当てると青色に蛍光します。

カコクセナイトCacoxenite 組成:(AlFe(3+)24O6(OH)12(PO4)17)・~75H2O

1515-934x
カコクセナイトはリン酸塩鉱物の一種で、細い針状結晶が集まって栗のような美しい形状が特徴的です。カコクセン石とも呼ばれる六方晶系の結晶です。

蛍石 Fluorite 組成:CaF2

1614-934x

蛍石は工業的に重要なフッ素の原料で、加熱すると発光します。希土類の金属を含むものは紫外線を当てると緑色に光ります。結晶系は等軸晶系です。色は無色、または内部の不純物により黄、緑、青、紫、灰色、褐色などを帯び、加熱すると発光します。

灰曹長石 Labradorite 組成:[(NaAlSi3O8)50-30(CaAl2Si2O8)50-70]

1717-934x

曹長石(そうちょうせき)は、ケイ酸にアルカリ金属が混ざった鉱物で、とりわけナトリウムを多く含みます。結晶系は三斜晶系です。

ブラックオパールBlack Opal 組成:SiO2・nH2O

1816-934x
ブラックオパールは、全体的に黒色であるため黒色が光を吸収してしまい、通常のオパールと違って虹色にはなりにくいのが特徴です。しかし、黒色がわずかに出来る虹色を引き立たせ、落ち着いた印象を与えます。

ドウスクロドウスク石Cuprosklodowskite 組成:Cu(UO2)2(HSiO4)2·6(H2O)

1914-934x

ドウスクロドウスク石はウランを含んでおり、草のような鮮やかな緑色から暗緑色の色を持ち、強い放射能を持っています。針状結晶で、平らな板状の結晶が数多く固まって産出されます。この鉱石の名前はキュリー婦人の旧姓である、Maria SklodowskaのSklodowskaと銅を意味するCuproと、鉱石を意味するiteを組み合わせて出来ています。

青い岩塩(NaCl)とカリ岩塩(KCl) Blue Halite and Sylvite

2016-934x

ブルー岩塩(ブルーソルト)は、食塩(NaCl)主体の岩塩ですが、ナトリウムが少なく、代わりにKClとしてカリウムが多く含まれることで青色を呈しています。結晶系は等軸晶系です。

蛍石 Fluorite 組成:CaF2

BcqJ0wgIUAAzE2Z-934x

スポンサードリンク

蛍石は工業的に重要なフッ素の原料で、加熱すると発光します。希土類の金属を含むものは紫外線を当てると緑色に光ります。結晶系は等軸晶系です。色は無色、または内部の不純物により黄、緑、青、紫、灰色、褐色などを帯び、加熱すると発光します。

蒼鉛(そうえん) Bismuth 組成:Bi単体

2221-934x
自然蒼鉛(しぜんそうえん)は自然に出来たビスマスの単結晶で、原子番号83、元素記号はBiです。結晶系は三方晶系です。人工物と見間違えるような迷路みたいな不思議な形状をしています。

オパールOpal 組成:SiO2・nH2O

2317-934x

オパールは熱水に溶け込んだケイ酸(シリコンの酸素化合物に水がくっついたもの)が、火成岩や堆積岩の隙間に溜まって出来たり、アンモナイトなどの貝殻や動物の骨等とケイ酸が置き換わったりして出来るケイ酸の鉱物です。

トルマリンTourmaline NaFe3Al6(BO3)3Si6O18(OH)4等の結晶グループ名

2415-934x

トルマリンは特定の鉱石の名称ではなく、ケイ酸塩鉱物(NaFe3Al6(BO3)3Si6O18(OH)4等)のグループ名です。結晶を熱すると電気を帯びるので、電気石(でんきせき)とも呼ばれます。赤色のルベライト、青色のインディゴライトとブルートルマリン、スイカのように外側が緑、内側が赤色のウォーターメロン、黒色のショール等があります。

ベイルドン石 Bayldonite 組成:PbCu2+3[OH/AsO4]2・H2O

2514-934x
ベイルドン石は植物のような鮮やかな緑色を持つ鉛と銅とヒ素が主体の鉱石です。

オスミウム Osmium (the densest natural element) 組成:Os単体

2612-934x

オスミウムは原子番号76の元素で、元素記号は Osです。プラチナ、イリジウムなどと並んで白金族元素の一つです。単体の金属結晶で六方最密充填構造をとります。この構造により、水晶のような柱状となり、青灰色の金属光沢を持つ美しい物質です。比重は22.57と全元素中最も大きい特徴を持っています。

くじゃく石 Malachite 組成:Cu2(CO3)(OH)2

2712-934x

孔雀石(くじゃくせき、マラカイト)はその名の通り模様が孔雀の羽に似ていることに由来します。緑色の単斜晶系の鉱物で粉末は昔から緑色(岩緑青、マウンテングリーン)の絵の具としてとして使用されてきました。古くは青丹(あおに)と呼ばれていました。

エモンス石 Emmonsite 組成:Fe(3+)2Te(4+)3O9.2H2O

2810-934x
テルル(Te)を含んでいる柱状結晶の珍しい鉱物です。

白雲母(KAl2・AlSi3O10(OH)2)上のアクアマリン(Be3Al2Si6O18) Aquamarine on Muscovite

2911-934x

白雲母(しろうんも)は、ケイ酸塩鉱物に分類され、結晶系は単斜晶系です。アクアマリンは緑柱石(ベリル)の一種で、緑と青の中間くらいの色のものを言います。より緑色の強いベリルがエメラルドで、この緑色は不純物としてクロムやバナジウムが入っているためです。黄色のベリルをヘリオドールといい、鉄の三価の鉄の陽イオンを含んでいます。

パラサイト隕石 Pallasite Meteorite 鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石。

309-934x
パラサイト隕石(石鉄隕石)は金属鉄と鉱物が混じっていて隕石で含まれる鉱物により分類されており、ほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石です。存在は鉄隕石や石質隕石に比べ非常に希です。

ボレオ石 Boleite 組成:Pb2Cu8Ag3Cl21(OH)16.H2O

3117-934x

ボレオ石は鉛、銀、銅、塩素が結合した濃青色の立方体結晶です。

紅鉛鉱 Crocoite 組成:PbCrO4

3212-934x

スポンサードリンク

紅鉛鉱(こうえんこう、クロコアイト)はクロム酸鉛の結晶で、単斜晶系に属します。18世紀には赤い油絵の具としてシベリアの赤い鉛と呼ばれていました。この鉱物からクロムが発見されました。

出典:news.distractify.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【鉱物】不思議で美しい魅惑的な鉱石の写真集』へのコメント

  1. 名前:塩せんべい 投稿日:2014/10/11(土) 13:35:06 ID:670f3360b 返信

    きれいだなー!