【動物】一斉に蟻酸を吹き出す蟻の群の決定的瞬間

蟻酸HCOOHは蟻や蜂が持っている毒です。メタノールCH3OHから作ることが出来る最も炭素量の少ないカルボン酸です。エタノール(お酒)C2H5OHから作るカルボン酸は酢酸CH3COOHで食酢として利用されています。酢酸はお酒を飲んだときに肝臓で分解されることでも出来ます。酢酸自体はほぼ無害ですが、肝臓で分解の過程で有毒なアセトアルデヒドCH3CHOが出来てこれが二日酔いの原因です。アセトアルデヒドCH3CHOを酸化させて酢酸CH3COOHにすると無害になります。蟻酸は分子構造上アルデヒドの性質(CHOを持つ)を持っているため、毒となります。

ちなみにメタノールCH3OHを飲むとエタノールと同様に肝臓でメタノールCH3OH→ホルムアルデヒドHCHO→蟻酸HCOOHとなり、ホルムアルデヒドと蟻酸、どちらも毒なのでメタノールを飲むと最悪死ぬか失明の恐れがあります。ヒトの場合、1400mg/kgでLD50即ち、体重50kgの人がメタノールを70g(ヤクルト1本程度)飲むと半数は死ぬというデータがあります。

蟻酸は蟻が危険を感じたときに放出しますが、この写真は火事を消火している消防士の如く一斉に放出しており圧巻です。周囲は刺激臭が強くて鼻や目に悪そうなので決して近づきたくはない光景です。

enhanced-buzz-wide-11650-1396427663-9
enhanced-buzz-wide-13892-1396427660-7
enhanced-buzz-wide-20219-1396427657-7

出典:www.buzzfeed.com

※ 2016/5/7ギ酸の構造式を修正

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 塩せんべい より:

    昔の記事なのでコメントしようか迷いましたが…
    蟻酸はCH2O2(HCOOH)です。CHCHOですと配電位が2つ余ってしまい、有機化合物として成立しません。CH3CHOならば、アセトアルデヒドとなります。
    記事の内容は興味深かったです。

  2. 管理人 より:

    >>1様
    管理人です。
    ご指摘ありがとうございます。おっしゃる通りですね。
    ご指摘箇所修正いたしました。