【芸術】アリス氏のウォールセラピー新作完成

AlicePasquini_Rochester(NY)_2014_2PhotoJasonWilder

Alice Pasquini氏はアメリカ、ロチェスターで行われているウォールセラピーストリートアートフェスティバルに招待されて、作品を制作していました。

作品が描かれたビルのオーナーであるRocco Pellegrino氏はイタリア人移民で、貿易と古本屋を経営していました。しかし、本屋が次第に少なくなっている昨今、お店には本に取って代わり雑貨などが並ぶようになりました。”この絵のイメージは、”Roccoさんの若いころと、彼の最愛の猫、シンバットから得られました。彼のためにこの絵を描けたことをうれしく思います。”と、アリス氏は語りました。

AlicePasquini_Rochester(NY)_2014_detail_PhotoJasonWilder
AlicePasquini_Rochester(NY)_2014_detail6_PhotoJasonWilder
AlicePasquini_Rochester(NY)_2014_InProgress4_PhotoJasonWilder
AlicePasquini_Rochester(NY-USA)_2014_AlongtheWay (6)

出典:streetartnews

ウィールセラピーとは、2012年から実施されている、壁画の大会です。大会の趣旨としては、技術を競うよりも、街中を芸術で満たして、人々の心も満たしてしまおう、というものです。

WALL THERAPY

作品のある場所

ウォールセラピー

開催されているロチェスターは羨ましい限りです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク