【この発想はなかった!】アマゾン川のピラニアが大漁の衝撃の釣法が明らかになる

アマゾン川と言えば人食い魚のピラニアが有名です。

IMG_0084_R

ピラニアは餌を見つけると集団で襲い、その鋭い歯で肉を噛みちぎります。そしてものの数分で中型の動物でさえも骨のみとなってしまう恐ろしい生き物です。しかし、この習性を利用すると一度に大量に捕まえることができるのです。今回ご紹介するのはそんなピラニアが大量に捕れる衝撃の釣法です!

pi1




この釣法は針も糸も竿も必要ありません。丈夫な生肉を使い、生肉を川につけるだけです。するとピラニアが肉に食いつきそのまま肉を引き上げると入れ食いですが、エサを持っている女性も勇気ありますね((;゚Д゚))

pi2

餌を水中につけると水面がにわかにばさつきます。ピラニアが餌に食いついています。

pi3

そしてタイミングを見計らって引き揚げます。引き上げるときには食いついたピラニアが落ちないように慎重に引き上げます。

pi4




引き揚げたら脇に置いてある桶に落とすだけです。

pi5

こんなにたくさん捕れていますΣ(゚Д゚)

pi6

近くからもう一度見てみましょう。再び肉を投入します。

pi7

生きのいいピラニアが大漁でした( ´∀`) しかし、この釣法の欠点は大きなピラニアは引き上げる際に落っこちてしまうので、小型サイズのピラニアしかとれない点です。実際は肉でピラニアを集めて網で一気にすくった方が効率は良いので、網のない場合や暇つぶしのお遊びにもってこいですね( ´∀`)




ちなみにアマゾン川にはピラニアのみならずカンディルや電気ウナギなど怖い動物が沢山いる上に、濁って水中が判らないので世界で一番泳ぎたくない川です((;゚Д゚))

出典:izismile

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする