【生物】古代の蜘蛛が歩き回る!化石を分析してCGで蜘蛛を動かす。

昔の動物はどのように歩いたのでしょうか?地上に出現した初期の捕食者である4億1000万年前の蜘蛛の仲間がどのように歩いたかが化石を観察することで再現されました。

研究者達はロンドンのナショナルヒストリー博物館に保存されている、とりわけ保存状態のよい化石を使ってこの蜘蛛がどのように歩くかをアニメーションにしました。この虫の体長は1~2mm程度だと考えられています。

article-2684931-1F78E20900000578-698_634x309

この研究はマンチェスター大学と、ベルリンのフンボルト博物館により実施され、Journal of Paleontologyから発表されました。科学者達は、この大昔に蜘蛛と分化した化石を水平方向にスライスして、脚の動きの範囲を導き出しました。

ここから、現在生きている蜘蛛と比較し、オープンソースのブレンダーと呼ばれるプログラムを用いて、動きをアニメーションにしました。
この蜘蛛の親戚は4億1900万年から2億9000万年前に生息し絶滅した初期の蜘蛛であるTrigonotarbidaとして知られています。
“陸上に生命が現れたとき、我々人類の祖先はまだ海にいましたが、そのときの陸上の食物連鎖の頂点にいたのがこの初期の蜘蛛でした。”とマンチェスター大学の地球環境科学科の古生物学者であるラッセル・ガーウッド博士は語りました。”彼らはすでに絶滅しましたが、3億から4億年前は蜘蛛よりも繁栄していました。”

“今我々は化石を薄くスライスして脚の関節を観察することで、彼らがどのように動いたのかをコンピューターグラフィックで再現できるようになりました。”

article-0-1F78E1A600000578-864_634x453

共同著者のフンボルト博物館館長のジェーソン・ダンロップ博士は、 “これらの化石はRhynieチャートと呼ばれる岩から発掘されますが、大抵は保存状態が悪いものばかりです。私の博士課程の時、彼らの生きていたときの姿を表現するいい考えを思いつきました。この新しい考えを発展させることで、彼らは恐らくこういう歩き方をしたのだろうという姿を見せてくれます。私にとってエキサイティングなことは、今ではこのような映像化は簡単に出来、ジュラシックパークのような大掛かりなCGは必要なくなったことです。この研究を始めたころには、化石の生き物のスケッチを描けるだけでうれしかったのが、今ではCGとしてパソコンの中で歩き回っています。”

この研究は化石の立体化の論文を集めたものと報告された化石の分析の一部です。ガーウッド博士は”オープンソースのソフトウェアを使用することは、誰でも家で出来るということです。それと同時にこれら初期の陸上生物について以前よりもずっと理解させてくれます。”と付け加えました。
article-0-1F78E19E00000578-121_634x554

出典:dailymail

4億年くらい前の蜘蛛の仲間の動きをオープンソースを使ってCGにした研究です。現代の蜘蛛の動きが一緒にあると違いがわかって面白いですね。下記のサイトでリアルな蜘蛛の動きを見ることが出来ます。

蜘蛛の動き

恐竜など、メジャーな古生物の動きの再現はよく話題になります。例えばティラノサウルスは体重が重くて走れなかったとか、一昔前に報告されました。その前は走れたと思われており、さらにその前は下の写真のように尻尾が地面についていてゴジラみたいな格好をしていたと思われていました。

pic_park24_01

そのほか、羽毛が生えていたといわれていたり、冷血動物だ、恒温動物だだの、スカベンジャー(屍肉食)だっただの色々といわれてきました。最終的な結論はジュラシックパークのように再生できればわかるのですが、難しそうなので今のところ化石や当時の環境から推測するしかないようです。個人的には巨大トンボであるメガネウラや巨大ヤスデのアースロプレウラなど石炭紀の巨大昆虫の動きの再現に期待しています。

※ オープンソース

ソフトウェアの設計図にあたるソースコードを、インターネットなどを通じて無償で公開し、誰でもそのソフトウェアの改良、再配布が行えるようにすること。また、そのようなソフトウェア。

ソースコードがあれば、そのソフトウェアの類似品を作成したり、そのソフトウェアで利用されている技術を転用することが容易に可能なため、企業などでは自社の開発したソフトウェアのソースコードは極秘とし、他社に供与するときにはライセンス料を取ることが多い。

出典:e-words

※ チャート

チャート(英: chert)は、堆積岩の一種。主成分は二酸化ケイ素(SiO2、石英)で、この成分を持つ放散虫・海綿動物などの動物の殻や骨片(微化石)が海底に堆積してできた岩石(無生物起源のものがあるという説もある)。断面をルーペで見ると放散虫の殻が点状に見えるものもある。非常に硬い岩石で、層状をなすことが多い。
チャートには赤色、緑色、淡緑灰色、淡青灰色、灰色、黒色など様々な色のものがある。暖色系のものは、酸化鉄鉱物に起因し、暗色系のものは硫化鉄や炭素化合物に起因する。緑色のものは、緑色の粘土鉱物を含むためである。これらは、堆積した環境によって変わると考えられている。

チャート同士を火打石のように打つと小さな火花を生じる。

出典:wikipedia

※ ブレンダー

Blender(ブレンダー)とはオープンソースの3次元コンピュータグラフィックスソフトウェアの一つで3Dモデルの作成、レンダリングのほかアニメーション、コンポジット機能も備える。

出典:wikipedia

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク