これは知らなかった!?意外に知られていない人体のトリビア

707426de

我々人類は、この地球上で最も進化した脳を持つ生き物です。そんな複雑な脳および人体ですが、もちろん様々なトリビアがあります。今回は知っているようで意外に知られていないようなトリビアをいくつかご紹介いたします。




1. 人間の左の肺は右の肺よりも小さい。なぜなら、左の肺は心臓を配置できるようにするためである。

これは言われてみると当然に思う感じです。

2. のどが乾かなくなったら水を飲むべきである。なぜなら、脱水症の時は水を飲みたく無くなるからである。

夏の酷暑の日などには知っていて損はないトリビアですね。




3.禁煙中には平均的な人は、寝る時間が一時間短くなる。

やっぱりイライラして眠れなくなってしまうからでしょうか?

4.顔を赤らめているときは実は胃も赤くなっている。

誰か実際に見て調べたのでしょうか?ちょっと気になりますね!

5.指の骨をポキポキ鳴らしているときの音は、実は指の中の窒素ガスが弾けた音である。

これはよく言われているトリビアですかね?

6.人体の中で唯一血が巡らない箇所がある。それは目の角膜で、角膜は空気から直接酸素を供給している。

瞼を閉じて眠っているときはどうなのでしょうか、気になります。

7.心臓が血を送り出すときの最大の圧力は、血を10m近く噴出させるほど高い。

心臓は働き者ですね。

8.骨はコンクリートの4倍強い。

コンクリートより硬いとは驚きの硬さですΣ(゚Д゚)

9.鼻は5万種類のにおいを嗅ぎわけると共にそのにおいを記憶している。

においをかぐと様々な昔の記憶が思い出されます。昔にも同じ匂いを嗅いだことがあるな~という感じですね。

10.人体の発熱量は30分で3.8リットルの水を沸騰させるほどである。

計算してみましょう。1Lの水を1℃上昇させるために必要な熱量が1kcalです。水の温度が20℃から100℃まで上昇したとすると、3.8×80=304kcalです。つまり30分間で304kcal消費されているということです。一日のカロリー消費量は一般的なオフィスワークの普通体型のサラリーマン男性で2500kcal前後と言われていますので、304kcalは少し多いです。ランニングなどの運動をした際のカロリー消費量のことを言っていると思います。

11.人体の神経は全てつなげると72kmある。

結構長いですねΣ(゚Д゚)

12.人体の炭素量は全部で鉛筆1,000本分である。

鉛筆とは芯の部分だけのことでしょうかね?

13.人間のくしゃみは秒速45メートル以上である。

あと8倍早ければ音速を超えます。くしゃみ選手権をすると世界中で一人くらいは音速を超えるブロンズ聖闘士並みのくしゃみをする人が見つかるかもしれません!?

f64731a7

出典:hi5buzz




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク