【芸術】鉛筆のみで描いた立体的な芸術作品

ba07701d

誰しも子供のときに落書きをしたことがあると思います。そして学校で美術を習い才能の有る子どもの中は芸術家となるために専門的な教育を受ける場合が大半です。そして、晴れて芸術家になる人もいるでしょう。しかし、Ramon Bruin氏は独学で3Dアーティストになりました。自分だけでテクニックを磨き、誰もが驚嘆するような絵を描けるようになってしまったのです。今回はそんなRamon Bruin氏のコレクションの一部をご紹介します。

9f048a18




3枚の紙に渡ってガレオン船でしょうか、中世の帆船を書いています。一番手前の紙がメインの船体が書かれていますが、残りの2枚にもマストと帆がしっかりと描かれています。一見すると船が一番手前の紙の上に浮かんでいるように見えて、奥側の紙には何も書かれていないように思えてしまいます。

90cd3cfe

シマウマが水を飲んでいます。シマウマの口の周りから広がる波紋もしっかりと描かれています。そのまま走り出しそうです。

78861821




様々な昆虫ですが、影を描くことであたかも飛んでいるように見えます。

ae9d38ed

ご自身の肖像画です。一見普通の絵に見えますが、よく見てみると紙が曲がっており、神を曲げることで初めて正しく見えるように書いているのです。全くどうすればこのように書けるのか見当もつきません。
0349308c

f8502e6b

どちらも机や床に魚を書いています。そのまま飛び出してきそうですね!

出典:hi5buzz




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク