【史上最高の発見か?】薄毛の特効薬発見される!?脱毛症患者がゼルヤンツで驚くほど発毛する。

エール大学の研究者たちが前身脱毛症で苦しんでいる25歳の若者の体毛を関節炎の薬、ゼルヤンツを用いて復活させることに成功しました。もちろん頭髪も含まれています。この患者は自己免疫疾患による脱毛症で、研究者たちはこの患者にトファシチニブクエン酸塩と呼ばれるリウマチ用の薬を投与したところ、8ヶ月経過すると7年間も無毛状態だった頭皮や顔に発毛が見られました。”期待通りの結果でした。”とこの論文の著者のBrett A. King医学博士は言いました。この論文はthe Journal of Investigative Dermatologyから発表されています。”これは脱毛症の治療の大きな前進です。”
678328c8

a11484d6

779d2a74

広報によれば、この患者はコネチカット州のニューヘブンにあるエール皮膚病学の研究所で治療を受けている、尋常性乾癬による脱毛症の自己免疫疾患患者です。トファシチニブは製薬会社のファイザー製で、すでにFDAよりリューマチ関節症の自己免疫疾患への投薬の認可を受けており、ゼルヤンツという薬名で販売されています。この薬を投与することで、この断線の脱毛症のみならず乾癬も軽減されたようです。 Science World Reportによれば、この薬はマウスの脱毛症と人の乾癬の治療薬として効果が認められていますが、今回の結果は予想以上でした。記事の写真は、無毛の頭皮が金髪のスポーティーな頭髪になるまでのものです。”全身脱毛症の長期治療において、これ以上の選択肢はありません。”とKing医師は述べました。”最も有効な治療であり、この薬には期待できる効果があります。”




この患者には治療開始後の最初の2ヶ月間は1日10mgを投薬し、その後の3ヶ月は1日15mg投薬しました。この結果、最終的には頭髪が完全に生えそろい、まつげや眉毛、顔や脇といった全身に毛が生えてきました。”8ヶ月で頭髪は完全に生えそろいました。”と論文共著者のBrittany G. Craiglow医学博士は言いました。”患者は副作用も感じず、投薬後のメディカルチェックでも異常は見られませんでした。”King医師によると、研究者たちは、この薬が発毛を促すメカニズムとして、薬の成分が免疫の毛包への攻撃を弱めているのではないかと考えています。著者は、この薬は脱毛症に効果があるが、全ての症例に効くとは限らない、と締めくくりました。

出典:DailyMail

リューマチの薬であるゼルヤンツを使用することで、脱毛症の患者に髪の毛が生えて来ました。髪の毛が無くても生きていくうえで不都合はありませんが、人間は見た目が重要なので、無いとそれなりに悲しいことを経験することが多いと思われます。従って脱毛症患者の方々には非常に喜ばしい結果ですが、一通り読んでみて大事なことに言及されていませんでした。それは、男性型に効くのかどうか?です。世の半数は興味のある話題でしょう。しかし、言及されていない以上現段階ではなんともいえませんので続報を待ちましょう。




また。ゼルヤンツについて調べてみましたところ、医師の処方箋があれば個人輸入も可能のようです。ただ、輸入代行サイトの値段は280mgで315,000円と超高額でした…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク